MENU

北九州駅弁当

 

明治24年創業の老舗弁当店「北九州駅弁当」は昨季からオープン。本城では、昼に試合がある時に小倉駅ホーム内の店舗などでも販売している弁当・うどんを出していたという。ミクスタでも、「かしわ飯弁当」や「手羽中(5本入)」などが並んでいた。

 

今回頼んだのは、その香りで道行く人を惹き付けていた「かしわうどん」。秘伝のつゆは、かつお昆布をベースに鶏もも肉でだしをとっている。しかし美味しさの秘密はなんといっても、自社工場で職人が甘辛く炊きあげる「かしわ肉」だろう。かむ度に味が染み出し、透き通ったつゆにうま味をプラスする。そこに沈むうどん麺は、つゆをたっぷり吸ってふわふわだ。葱と蒲鉾のほか、油揚げまで入っているのが嬉しい。好みで唐辛子を振ると、味が引き締まってよりすっきりと食べられる。

 

スタッフの權藤さんが一番期待しているのは、今年から就任した玉井社長。「うちの店からは、サポーターの皆さんが一生懸命応援しているのがよく見えますよ。あとは結果が付いてきてほしいですね」。

メニュー(4/8現在)

かしわうどん     500円

かしわめし弁当    600円

おにぎり2個(白・鶏)200円

いなり3個入り    200円

手羽中5本入り    500円

さくら団子6個    300円

枝豆         200円

焼酎(お湯割り)   500円

生ビール       500円

コーラ・綾鷹     200円

 

スタジアム外で北九州駅弁当の味を楽しむなら

北九州駅弁当

へ是非どうぞ!

 

その他のスタジアムグルメはこちらから!

リンク