MENU

活動ブログ

J3第18節・vsFC東京U-23

 

 

 

こんばんは!舟津です。

今日はFC東京U―23戦の振り返り!

 

実は私、水曜から早々に東京入りしてました・・・会社の出張で(笑)

長いことサポーターやってますが、ようやくこのような遠征と出張を絡めるという恩恵に預かることができました!

週末の試合を存分に楽しむ為にも、しっっっかりと仕事に励んでいざ味の素フィールド西が丘へ!

 

西が丘を訪れたのは実に3年ぶり。

当時はスタンドに入るなり「ピッチとこんなに近くて大丈夫か」と驚きを隠せませんでしたが、ミクスタで日々を楽しんでいる今となっては慣れたもの。

とは言え、客席数が少ないことがかえって選手たちの姿をより近くに感じさせ、臨場感のある素晴らしいスタジアムであることに変わりはありません。

 

 

 

 

 

A代表経験もある実績十分の梶山選手、米本選手、そして若干15歳でトップチームに昇格した久保選手がスタメンに名を連ねたタレント揃いのFC東京U―23。

 

しかし序盤から主導権を握ったのは我らが北九州。

9分、CKからの零れをMF花井選手が狙いすましてシュート。ポストを叩きながらゴールに吸い込まれ、早々に先制に成功します!

 

東京は梶山選手を起点に久保選手がドリブル突破を図るシーンを増やしますが、DF刀根選手が落ち着いて再三に渡って対応。

その後も東京に主導権を譲ることなく、危なげなく時計を進め、後半へ。

 

DF加藤選手が主審と交錯し、脳震盪を起こすというアクシデントもありましたが、代わって入ったDF西嶋選手が十二分に役割を果たしてくれました。メンバー交代で息を吹き返しかけた東京の攻撃を幾度となくシャットアウト。守備面でのメンバー間の高い集中力は研ぎ澄まされていました。

 

となると、何とか早い段階で追加点が欲しいところ。花井選手のFKがバーを叩くなど、もどかしい展開が続きます。

 

しかし!このまま1点を守り切る展開になるかと思われた88分。

花井選手がPA前で粘ってキープし、東京DFを引き付けると、左に抜け出した池元選手にエンジェルパス。GKの逆をつくグラウンダーのシュートが見事ゴールイン!

頼れるエースは大勢の北九州サポーターが駆け付けたアウェーゴール裏に向けて雄叫びを上げながら猛ダッシュ!我々を歓喜の坩堝に陥れてくれました!

 

ATに入って東京にセットプレーから失点を許すものの、何とか守り切ってタイムアップ。

アウェーでは福島戦以来の勝利、ホーム盛岡戦から3戦負けなしとなりました!

 

試合後は勝利のハイタッチ&ジャンプも披露してくれた選手たち。

うだるような暑さの中で90分間を走り回った後にも関わらず、献身的にファンサービスを行ってくれる選手たちには本当に感謝です。彼らの想いに応える為にも、後半戦も引き続き我々もさらに応援に励まねばと思います!

 

 

 

 

 

 

西が丘でお会いした皆さま、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 

今日の一言「後半戦も、一戦必勝!」

2017/07/27    公式戦    kitakyunerds   |   

リンク