MENU

活動ブログ

J3第31節・vsガイナーレ鳥取

 

 

 

どうも、原田です!

 

今年2回目のアウェイ遠征は鳥取。自分にとっても久々の遠征となり、前日からワクワクしてました!

陸路で約7時間。自分自身の車移動での最長不倒を更新しました。

 

 

 

今回の相手はガイナーレ鳥取!

ミクスタでは2-0で勝利している相手です。

 

勝負の舞台はとりぎんバードスタジアム。周りが畑ということもあり、とてものどかな感じで、コンパクトなスタジアムでしたからとても観やすかったです。

 

 

 

 

 

では、試合を振り返ります。

 

試合は前半早々に動きます。

2分、右サイドへ展開するもボールは鳥取GK杉本選手へ、しかしそこに平井選手がチャージをかけてボールを奪うと、そのこぼれ球を花井選手がシュート!ボールはそのまま無人のゴールへ吸い込まれ北九州が先制!

花井選手はこれで今シーズン5得点目。7/22のFC東京U-23戦以来のゴールとなりました!

 

 

さらに20分。CKから、一度クリアされるも刀根選手がPA内で奪い返すも相手に倒され、これがPKの判定。

このPKを池元選手がしっかりと決めて追加点!

池元選手はこれで今シーズン16得点目。10/11のC大阪U-23戦以来のゴールとなりました。

 

 

北九州の攻撃は留まることを知りません。

43分にはまたもCKから。一度跳ね返されるも平井選手がヘッドでボールをPA内に、そのボールを西嶋選手が競り合って折り返し、そのボールを刀根選手がランニングボレーでゴールへ叩き込み追加点!3点目を取ります!

刀根選手は今季2得点目。7/8の盛岡戦以来のゴールとなりました!

 

 

前半は北九州が3点リードで折り返します。

 

しかし、後半は予想もしない展開に。

49分、鳥取の攻撃。右サイドから崩されると一気に前線の鳥取FW河合選手へ、グラウンダーのクロスを鳥取FW加藤選手に決められ1点を返されます。

 

64分、またも右サイドからボールを持たれると、鳥取FW河合選手が一気にカットイン。そのまま中央へ切り込みシュート。高橋選手が一歩も動けない、敵ながらあっぱれなシュートが決まり、これで1点差。

 

すると鳥取が一気に攻勢を強め、北九州が守勢に回るという前半とは真逆の展開になります。

 

しかし、71分。

安藤選手のロングスローを、水永選手が折り返し、その折り返したボールを後ろから詰めていた花井選手が豪快にボレーで叩き込み追加点!

花井選手はこの試合2得点目で、今季6得点目となりました!

 

 

79分の鳥取の攻撃。

左サイドから崩されると、グラウンダーのクロスを河合選手が収めますが、スライディングをしたMF加藤弘堅選手を気にしたのかシュートまで持ち込むことが出来ません。

 

84分、加藤弘堅選手がPAで鳥取FW加藤潤也選手を倒してしまいPKを与えてしまいます。これを加藤潤也選手が自ら決めて再び1点差に詰め寄られます。

 

それでも、1点差を最後まで守りきり試合終了。苦しい試合でしたが4-3で勝利!久々の連勝となりました!

 

 

 

 

 

前半は攻勢を強めいい形で折り返せましたが、後半はシステムを変えたのが影響したのか、攻守でチグハグ感が否めなかったと思いました。

結果論にはなりますが、後半も前半と同じシステムであれば、あと2点は取れていたのではないかと思いましたし、失点も少なかっただろうと思いました。

しかし、今何より必要なのは『結果』。しっかりと勝利という結果を出してくれた選手たちには感謝です。

 

また、今回は『出張版・新波軒』をリバウォークのPVでやらせていただきました!

ご利用していただいた皆様ありがとうございました!!

 

 

 

次週はお休みで、26日は今季ホーム最終戦、アスルクラロ沼津戦です!

残り試合もあとわずか。最後はいい形で締めくくりましょう!

 

鳥取でお会いした皆様ありがとうございました!

 

今日の一言「勝って兜の緒を締めよ」

2017/11/15    公式戦    kitakyunerds   |   

リンク