MENU

活動ブログ

J3第34節・vsAC長野パルセイロ

 

 

 

こんにちは!舟津です。

 

いよいよ最終戦を迎えた2017シーズン。戦いの舞台は長野。

今回は西鉄旅行様のツアーを利用させて頂きました。羽田までは飛行機、そして羽田からはバス移動で約3時間半。

ドライバーさんの快調なドライビングもあって予定よりも早い12時に長野Uスタジアムへ到着。

 

 

 

 

 

 

我々のホームであるミクスタもピッチが近く臨場感を感じられますが、この長野Uスタジアムも負けず劣らずの素晴らしいスタジアムでした。

特に、3面を包み込むように覆う屋根とスタンドは、ホーム側の声量や熱量を大きく生み出す、いわば風洞のような役割を果たしており、長野のチームカラーであるオレンジと紺を基調とした椅子席と相まって、ホームアドバンテージを力強く後押しする素敵な空間だなと感じました。

 

しかし、全国各地から集った北九州サポーターも負けてはいません。

泣いても笑っても、これが最後の90分。

チームの勝利を信じ、そして最高の歓喜を味わう為に。全力で、溢れんばかりの声を。

 

長野だけではなく、パブリックビューイング(PV)会場となったJR小倉駅・JAM広場からも熱い声援が飛んでいました。

今シーズン途中より、PV開催時にも実施させて頂けるようになった『新波軒』。

非常に多くの方々のご利用とご協力のおかげで、JAM広場がスタジアムの一部となったような雰囲気を少しでも作れたのではないかと思います。

 

 

 

 

 

また、PV終了後はミクスタ周辺の清掃活動『美クスタ』も実施。

今シーズン、ギラヴァンツの闘いを見守ってくれたミクスタに感謝の想いを込めて、しっかりと掃除させて頂きました。

今シーズンの煤を払って、気持ち良く来シーズンを迎えられそうです。ご協力して下さった方々、本当にありがとうございます!

 

 

 

 

さぁ、ゲームを振り返りましょう。

北九州は、この日も後半戦の主軸となった3-5-2を採用。

前節の沼津戦同様、ワイドに張り出したサイドを有効に使って得点を狙いに行きたいところでしたが、長野の遅攻と速攻の巧みな使い分けの前になかなかチャンスを掴めず。

 

徐々にラインを下げられ防戦一方となった33分、セットプレーの流れから長野DF都並選手にオーバーヘッドでゴール左隅に叩き込まれ、先制を許します。

 

しかし、後半に入ると北九州が前半は活かせなかったサイドから切り込む攻撃を展開。

福森選手や弓崎選手がタッチラインギリギリでの攻防を繰り広げ、57分に投入された水永選手が前線で身体を張って起点を作り、ゲームは完全に北九州が掌握。

 

ゴール裏のボルテージも最高潮に差し掛かった63分。

右サイドに流れた西嶋選手がゴール前へクロス。花井選手が頭で合わせたボールは昨年まで北九州に所属していた長野GK阿部選手が伸ばした手をすり抜け、力強くネットイン!ゲームを振り出しに戻します。

 

 

終盤となった85分には、本山選手が出場。

2度の決定機を演出するも、惜しくも北九州での初ゴールはならず。

ハーフタイムにはビハインドとなって気落ちした雰囲気を察知したのか、シュート練習の合間に「頑張りましょう!」とゴール裏に向けて熱い檄を飛ばしてくれた本山選手。

本山選手の力強い姿勢は、来シーズンの捲土重来を共に成し遂げようという気概も感じさせてくれるものでした。

 

突き抜けるような青空の下で繰り広げられた一戦は1-1のドローという結果に終わりましたが、やはり最後のところで決められない、勝点で言えば『0』を『1』へ、『1』を『3』へ持って行くあと一歩のところが足りなかった今シーズンを象徴しているゲームだったように思います。

 

契約満了となった弓崎選手、そして現役引退を表明している西嶋選手に大きな声援が飛ぶ中、総じてやり切った表情で挨拶に来てくれた選手たちに「北九州に来てくれてありがとう」という感謝の言葉が多く飛んでいました。

 

 

 

クラブとしての至上命題であった1年でのJ2復帰はならず、決して満足のいく2017シーズンではありませんでしたが、サポーターのクラブを支えようとする気概は確実に高まっていると感じます。それぞれがそれぞれに出来る事を真剣にクラブの為に考え、そして行動する。その萌芽は確実に今シーズンになって表れて来ています。

 

我々KITAKYU NERDSも、もう一度自分たちの足元を見つめ直し、今シーズン継続してきた活動を振り返り、よりギラヴァンツ、そしてホームタウン・北九州の為に何が出来るかを真剣に考え、各活動をさらにアップデートし、来シーズンへ向けて心を新たに突き進んで参ります。

 

最後になりましたが、長野でお会いした皆さま、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。良いお年をお迎えください!

 

今日の一言「尺蠖(せっかく)の屈するは伸びんがため」

2017/12/06    公式戦    kitakyunerds   |