MENU

活動ブログ

J3第11節・vsガンバ大阪U-23

 

 

 

どうも、原田です!

 

この日もミクスタは晴れ!

先週までは悪天候でしたが、試合が近づくたびに天候も回復。 やはりミクスタは晴れスタです!

 

 

試合の前に、マッチデースポンサー・明治安田生命様の企画『血管年齢検査』にメンバー一同で参加。 結果は・・・。

 

今節の相手は、ガンバ大阪U-23。 昨季は1勝1分と勝ち越しています。

何よりも、監督は日本代表でもプレーした宮本恒靖さんがチームを率いています。

 

それでは試合を振り返りましょう。

前半開始してすぐに北九州がカウンターからチャンスメイク。平井選手がカットインしてからのパスを前田選手が合わせますが僅かに外。

攻撃のリズムを作りますが、こう着状態が続く中で、迎えた30分。サイドからの突破を許すと、泉澤選手がそのまま持ち込んでのシュートが決まり先制点を許してしまいます。

 

その後すぐの32分の北九州の攻撃、早いリスタートから野口選手がGKをかわしてのパスを前田選手がシュートしますがDFがブロック、さらにそのこぼれ球を井上選手が押し込みにかかりますがまたもブロックされゴールならず。

前半は1点ビハインドで折り返します。

 

62分、ガンバの攻撃。 泉澤選手がワンツーで抜け出すと、パスで山岸選手をかわして最後は妹尾選手に決められ追加点を許します。

これがきっかけとなったのか、流れは一気にガンバに傾きます。

 

69分、右サイドからクロスを上げられると高木選手のシュートは一旦は山岸選手が止めますが、押し込まれ3点目を許してしまいます。

87分には、クリアボールを白井選手に拾われるとそのまま切り込まれてのミドルシュートが決まり4点目を許します。

北九州も終了間際に、井上選手のクロスをフェホ選手が合わせますが、ゴールならず。

そのまま試合終了。0-4で敗戦となりました。

 

本当に悔しい結果となりました。

前半はいい感じに攻める事が出来ていたのですがが、先取点を奪われてから一転、リズムが一気に狂ってしまったような気がしました。

後半も同じように失点から一気にリズムを崩し、ズルズルと悪い方向に行ってしまったと思います。

悪い流れに呑まれている状況ではありますが、チームが前を向けれるように声援を送り続けます!

 

 

次の試合はアウェイの富山戦。 もう一度、前を向いて、挑んでいきましょう!

 

今節の一言「本当の敵は、諦めだ」

2018/05/26    公式戦    kitakyunerds   |