MENU

活動ブログ

ギラサポ見聞録「J3第12節・vsカターレ富山(前編)」

 

 

 

こんにちは、舟津です!

週末は富山まで遠征して来ました!

今回も・・・そう、自走です!副代表の岡と共に行って参りました。

 

19:30~9:30 往路編
10:00~15:00 試合編
18:00~22:00 富山ナイト編

 

19:30~9:30 往路編

 

 

出発してしばらくして、まだ夕飯を済ませていないことに気づき、岡の提案で山陽小野田市の『ドライブインみちしお』へ。

私自身、前々から行きたいなーと思っていたのですが、着いてみれば貝汁のドデカい看板がお出迎え。

名物と言われる貝汁は期待を裏切らない美味しさ。こんなに貝のエキスがたっぷり沁みた貝汁は初めて食べたかも・・・。

 

 

夜の帳の中、順調に東へ東へ・・・。

 

 

 

 

 

 

10:00~15:00 試合編

 

福岡を出発してから約14時間、遂に富山に到着!

眠気覚ましも兼ねて、地元の銭湯へ。しっかり身を清めたところで、戦いの舞台・富山県総合運動公園陸上競技場へいざ出陣!

 

 

 

戦いの前に、どうしても我慢出来ず・・・(笑)

 

 

夏を思わせる陽気の中で行われた15位・富山との一戦。

順位的にも直近な相手、そして何より昨シーズンまで北九州に所属していた弓崎恭平選手が富山の左SBとしてスタメン出場。負けられない戦いです。

 

試合は序盤から北九州ペース。

アウェー長野戦(4/1)以来のスタメン出場となったMF茂選手が積極果敢に右サイドでボールを受け、流れを生み出します。

23分にはMF加藤選手の縦パスから平井選手・ダヴィ選手のコンビネーションで完璧に富山守備陣を崩し、ダヴィ選手が左足で流し込んで待望の先制ゴール!・・・と思われましたが惜しくもオフサイドの判定。

その直後の26分。不用意な守備から与えた左CKを、富山MF差波選手が直接ゴールに叩き込み、先制を許します。

上手くピンポイントに巻きながら落ちたスーパーゴールだったとはいえ、結果的に序盤から良い流れで迎えたビッグチャンスを逃した後の、一瞬のミスが繋がった格好。本当に痛い失点でした。

 

ただ、その後も時折自陣内にボールを運ばれるものの、富山ゴールに積極的に向かう姿勢は崩さず、前半は1-0で折り返します。

 

後半に入ってもビハインドの気配を感じさせず、攻撃に圧力をかけ続ける北九州。

ダヴィ選手、茂選手、そして交代出場の前田選手にそれぞれ決定機が訪れますが、富山守備陣の堅守に阻まれ、ゴールを奪うには至りません。

 

しかし、74分に富山MF新井選手に角度が無いところから上手くゴール左隅に流し込まれて再び失点。終了間際の88分にも、左サイドを攻め上がった富山MF才藤選手のアーリークロスから、交代出場の富山MF佐々木選手に頭で合わされ、3失点目。

 

3-0、そして遂に最下位転落。

結果だけを見れば完敗ですが、これまでの試合と比較して、相手より優勢を保つ時間帯が増えているのはポジティブな要素かも知れません。

ただ、それぞれ絶好の決定機を逸した直後に失点を重ねているのが非常に勿体無いと感じました。

浮上のきっかけを掴めそうで掴めない。非常にもどかしい戦いが続きますが、しっかりと前を向いて、これからも北九州を背負って戦う選手たちを応援し続けます。

 

それでも、後半の茂選手と弓崎選手のマッチアップは非常に見応えがあり、胸に迫るものがありました。

昨シーズン終盤はスタメンを勝ち取った弓崎選手。あの頃以上に、どことなく精悍な顔つきになったような気がしました。

遠賀が産んだ若武者の、富山での活躍に期待です!

 

 

18:00~22:00 富山ナイト編

 

この悔しさと悲しさを流し込むには、やっぱり酒しか・・・!

そう感じた我々は富山駅近くの居酒屋『漁火』へ。

待っていたのは、最高の酒と魚でした!

これで勝ち点3さえ取れてたら、もっと気持ち良くなれて記憶が飛ぶぐらいに飲んでたんだろうなぁ・・・。

 

 

 

 

〆は富山ブラック。

色の割にあっさり、されど魚介がしっかりと主張してくる味わい深いラーメンでした。

〆には本当にピッタリ!

 

 

敗戦の辛さ、そして道中の疲れをしっかり流し込んで良い気分になった後は、ホテルに着くや否や爆睡。

翌日以降も続いたギラサポ見聞録。

続きは明日の後編で!

2018/06/06    公式戦    kitakyunerds   |