MENU

活動ブログ  公式戦

J3第6節・vsSC相模原

 

 

 

どうも、原田です!

 

今週は暖かく、そして肌寒い日が続いたりと寒暖の差が激しい一週間でしたが、ミクスタは晴れ!

ミクスタは、やはり晴れスタです!

 

 

 

なによりも、4/6(金)にダヴィ選手が加入!待望の背番号9に期待が高まります!

 

 

今節の相手はSC相模原。

昨季の対戦成績は1勝1分のドローです。

 

では、試合を振り返ります。

試合は最初、均衡状態が続きますが、24分の相模原のFK。クロスボールをジョン・ガブリエル選手が競り勝ったボールを保崎選手が押し込みますが枠の外。

 

その4分後の28分。

相模原の谷澤選手にサイドを突破され、最後はやや角度が無いところから放ったシュートが鋭くドライブの回転がかかりそのままゴール。先制点を許してしまいます。

 

37分の北九州の攻撃。

サイドからのボールをダヴィ選手が持つとそのままペナルティーエリアへ。シュートを放ちますがGKに弾かれます。

 

その後は両者拮抗する試合運びとなり前半は1点ビハインドで折り返します。

 

52分、北九州の攻撃。

右サイドからのクロスは相手にクリアされますが、そのクリアボールを花井選手がボレーシュート。しかし枠の僅かに左へ逸れます。

 

64分、相模原のCK。

一旦はクリアしますが、再度クロスを入れられると梅井選手にヘッドで合わされ追加点を許します。

 

72分にはジョン・ガブリエル選手のスルーパスを浦田選手が一旦はボールを持ちますが足に合わず、そこを谷澤選手にダイレクトで叩き込まれ3失点目を喫してしまいます。

 

85分、北九州も反撃。

左サイドからのクロスをダヴィ選手が合わせますが、相手DFのブロックに逢いゴールとはなりません。

 

87分、相模原のFKから早いリスタートでパスをつなぎクロス。クロスボールをジョン・ガブリエル選手にヘッドで決められ4失点目。

 

そして、試合終了。

0-4。とても悔しい結果となりました。

 

1失点後の失点は防ぐことが出来たと思います。相模原のアグレッシブな攻撃と守備に遅れを取ってしまい、さらに失点という形でその傷を広げてしまったようにも見えました。

 

5戦を終えて1勝3敗1分。

負け越してはいますが、チームの奮起を期待しましょう。まだまだここからです!

 

次の試合はアウェイ、夢の島にてFC東京U-23戦です!次こそ勝ちましょう!

 

最後になりましたが、アウェーにしか来られない方々へのおすそ分けとしまして、『to the next stage』の小旗の寄付を呼び掛けさせて頂いたところ、52本もの寄付を頂きました!

ご協力頂いた方々、本当にありがとうございます!

4/29(日)のホーム群馬戦でも試合後に寄付を受け付けますので、よろしくお願い致します!

 

 

今日の一言「まだ、負けたわけじゃない!」

≫ 続きを読む

2018/04/12    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第4節・vsアスルクラロ沼津

 

 

 

お久しぶりです。原田です!

開幕戦はお仕事で欠席だった為、この日が自分にとっての開幕戦となりました。

 

天気は晴れ!

ミクスタはやっぱり晴れが似合うスタジアムです!

 

 

 

今節より、新波軒は応援グッズ貸出の際にお渡ししていた貸出案内を、リーフレット形式としてリニューアルいたしました。

 

サッカー用語を簡単にまとめた『サッカースタジアム用語あれこれ』を盛り込み、初めてスタジアムに訪れた方々が少しでも応援活動を身近に感じてもらえるような内容になっております。

私たちはこれからも、スタジアム応援をもっと楽しんでいただけるような活動を継続して参ります。ご利用の際は、ぜひ手に取られてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

さて、今節の相手はアスルクラロ沼津。

昨季は3位、1敗1分と負け越してる相手です。リベンジを果たしたいところ。

そして狙うは今シーズン初の連勝!

 

では、試合を振り返ります。

 

試合は早々に動きます。

6分、FKからのクロスを沼津FW畑選手がヘッドで決めて沼津が先制。

立ち上がりから苦戦を強いられます。

 

しかし北九州も反撃。

10分には、MF本山選手がドリブルで切り込みパス。パスを受けたMF内藤選手がダイレクトで上げたクロスをMF安藤選手が合わせますがクロスバーの上。

 

40分にはFKのチャンス。

MF川上選手が上げたクロスにDF有薗選手がヘッドで押し込みますがボールは枠を捉えることが出来ず、前半は1点ビハインドで終えます。

 

59分、沼津に左サイドからのロングボールを裏へ通されますが、オフサイドの判定はなし。沼津MF太田選手が持ち上がり畑選手へパス。そのパスを冷静に決められ失点。2点ビハインドに変わります。

 

北九州も負けじと反撃。

69分、MF浦田選手が切り込み、ブロックで浮いたボールにFW前田選手が競り勝ち、こぼれたボールを内藤選手がドライブ気味にシュートを打ちますが落ちきらず、クロスバーの上を超えて行きます。

その後は拮抗状態が続き、アディショナルタイムにも大きなチャンスを作りましたが、決めきれずに万事休す。

0-2で敗戦。連勝はなりませんでした。3連戦の疲れが残っていたのか、なかなか良い方向にゲームの主導権を握れなかった事、あと一歩が遠かったですね・・・。

 

 

 

3連戦は1勝2敗。

もう一度仕切り直して次の試合へ繋げて欲しいところです。

 

次の試合は、アウェイでAC長野パルセイロ戦。勝ってもう一度勢いをつけましょう!

 

今節の一言「失敗は回り道、行き止まりの道ではない」

≫ 続きを読む

2018/03/28    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第2節・vsFC琉球

 

 

 

こんにちは、舟津です!

いよいよ待ちに待った開幕戦・琉球戦!

 

開幕節がいきなり休みのターンとなったのでJで最も遅い開幕を迎えた形となったこともあり、例年以上に『待ちに待った』感に溢れておりました。

そして当初の雨予報がものの見事に前後して、ミクスタは快晴に!

「そういえば去年の開幕戦もこんな気持ちいい青空だったよなぁ・・・」と思いながら、横断幕設営やらの準備に入ります。

 

 

 

これこれ、これですよ。

このスタジアムに入った瞬間眼に飛び込んでくるスタンドとピッチ、そして突き抜けるような青空のコントラスト!

先月のPSMとはまた違った感覚。

「今年も開幕がやって来た!」「地元のクラブを応援出来る週末が戻って来た!」と改めて実感しながら、準備の手も捗りました。

 

そして、選手到着時には本城時代以来となる入り待ち。

ULTRAS SUNBURSTさんの呼びかけにより、非常に多くのサポーターの方が集まり、試合前から熱い声を選手たちに届けました!

 

 

 

また、今シーズンより私たちKITAKYU NERDSではメンバーが腕章を巻いて公式戦に臨みます。

新波軒実施時だけでなく、試合終了時まで巻いておりますので、スタジアム観戦についてご質問などがございましたらぜひお気軽にお声かけください!

 

 

 

さて、試合を振り返ります。

今シーズンは非公開の練習も増え、私たちも全くスタメン予想が読めない状態でしたが、新加入のFW前田選手、DF有薗選手、川島將選手、MF川上選手、MF野口選手、そして開幕直前に緊急加入したロンドン五輪日本代表・MF村松選手、計6名もの新加入選手がスタメンに名を連ね、非常にフレッシュな布陣に。

 

対する琉球は、開幕戦となった前節の富山戦で大量4ゴールを挙げるなど、攻撃陣が非常に好調。

そんな攻撃陣に今シーズン、元日本代表FWの播戸竜二選手が新加入。

才気溢れる若手中心のチームにベテランの豊富な経験が加わり、決して簡単では無い相手です。

 

先月PSM・札幌戦で見せた前線からの激しいプレッシングからの速い展開に期待が高まりましたが、逆に開始早々から琉球が激しいプレッシングを随所に見せ、北九州は持ち味であるハードワークをなかなか活かせない展開に。

すると19分、琉球に右サイドからの突破を許し、ゴール前に飛び込んだ琉球DF・徳元選手にワンタッチでネットに押し込まれ、先制を許します。

その後も琉球の猛烈な波状攻撃を受ける時間帯が続きますが、MF加藤選手を中心とした堅牢な守備で、寸でのところで追加点は許しません。

 

耐えに耐え、迎えた39分。

琉球守備陣の一瞬の隙を突いたMF安藤選手が左サイドを突破し、中央へ走り込んだ前田選手へ絶妙な低いクロス。

これを前田選手が左膝で鮮やかに押し込み、移籍後初ゴール!昨シーズンまで所属した琉球相手に恩返しの一発を浴びせました!

このゴールに結びついた一連の流れは、先月の鹿児島キャンプで幾度と無く見た形でもありました。

 

 

前半のうちに試合を振り出しに戻すことができた北九州は、後半は運動量で琉球を勝る場面が増え、一気に攻め立てます。

CKからのこぼれを途中出場のMF井上選手がワンタッチで合わせ、あわや逆転かと思わせる惜しい場面もありましたが、なかなかに琉球のゴールを抉じ開けられません。

一進一退の展開が続いた74分、途中出場の播戸選手が遠い位置から頭で合わせたボールがそのままネットイン。逆転を許します。

ちなみに、播戸選手には奇しくも大宮所属時代、2015年5月6日の北九州戦(私も現地で見てました)でもゴールを決められたのを思い出しました・・・。

 

結果、1-2でタイムアップ。非常に悔しい敗戦。

振り返ってみると、少ないチャンスを活かせたか否かが勝敗を分けたように思います。

開幕戦特有の『硬さ』も多少見受けられたとはいえ、まだまだ『新生・森下北九』が目指すサッカーは構築段階といった印象もありました。

ですが、昨シーズンよりも球際、局面に於いての激しさは強く感じられ、今後の闘いに希望を抱かせるゲームであった事も事実。

私個人としましても声援を送るパワーが少し足りなかったのかなと感じました。少し足元を見つめ直し、次に備えたいと思います。

 

 

 

 

次節は明日、アウェーで藤枝との一戦。

次々節の沼津戦まで中3日という非常にタイトな日程、そして骨のある相手とのゲームが続きますが、熱い声援で後押しを継続して行きましょう!

 

最後になりましたが、この日お会いした全ての皆さま、ありがとうございました!

次のホーム・沼津戦では新波軒をパワーアップさせて実施しますので、お楽しみに♪

≫ 続きを読む

2018/03/20    公式戦    kitakyunerds   |   

2018Jリーグプレシーズンマッチ・vs北海道コンサドーレ札幌

 

 

 

お久しぶりです。原田です。

まず、2018シーズン(プレシーズンマッチですが)明けましておめでとうございます!

 

2018年のミクスタ初め!

絶好のサッカー日和。2018年もミクスタは晴れスタ!

 

 

 

 

 

 

 

この日の相手は、昨シーズン実に16年ぶりのJ1残留を果たした北海道コンサドーレ札幌。

昨シーズン途中まで浦和を率いたミシャことミハイロ・ペドロヴィッチ監督が今シーズンから指揮を執るチームです。

 

開幕まであと1ヶ月。

J1の舞台で盤石な足場固めを視野に入れつつある気鋭の相手にどれだけやれるか。チームとしての戦術、やりたい事がどれだけ浸透しているかを今回は応援をしながら見てました。

 

結果から言うと、0-0のスコアレスドローでした。

昨シーズンと見比べると、前でボールを奪う。速いカウンター。両サイドの活発化がとてもアグレッシブになっていたなと思いました。

 

そして、試合後は市民激励会。

この場で、今季のキャプテンに川上竜選手が就任することが発表されました!力強い言葉に期待も膨らみます!

 

最後は監督・コーチ・選手達がハイタッチでお見送り。

市民クラブとして、次のステージへ進む為、小さな一歩ですが、歩み始めたと思いました。

 

 

 

 

 

ここで一つお知らせです!

既にご存知の方もおられるかと思いますが・・・。

 

3/10(土)にミクスタにてスタジアム清掃活動『美クスタ』を行います!ミクスタをピッカピカに掃除して開幕を迎える準備をしましょう!

そして、参加して下さった方には・・・なんと!株式会社日本施設協会様のご協力により、バックヤードツアーも行われます!

 

皆様のご参加、お待ちしております!

≫ 続きを読む

2018/02/19    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第34節・vsAC長野パルセイロ

 

 

 

こんにちは!舟津です。

 

いよいよ最終戦を迎えた2017シーズン。戦いの舞台は長野。

今回は西鉄旅行様のツアーを利用させて頂きました。羽田までは飛行機、そして羽田からはバス移動で約3時間半。

ドライバーさんの快調なドライビングもあって予定よりも早い12時に長野Uスタジアムへ到着。

 

 

 

 

 

 

我々のホームであるミクスタもピッチが近く臨場感を感じられますが、この長野Uスタジアムも負けず劣らずの素晴らしいスタジアムでした。

特に、3面を包み込むように覆う屋根とスタンドは、ホーム側の声量や熱量を大きく生み出す、いわば風洞のような役割を果たしており、長野のチームカラーであるオレンジと紺を基調とした椅子席と相まって、ホームアドバンテージを力強く後押しする素敵な空間だなと感じました。

 

しかし、全国各地から集った北九州サポーターも負けてはいません。

泣いても笑っても、これが最後の90分。

チームの勝利を信じ、そして最高の歓喜を味わう為に。全力で、溢れんばかりの声を。

 

長野だけではなく、パブリックビューイング(PV)会場となったJR小倉駅・JAM広場からも熱い声援が飛んでいました。

今シーズン途中より、PV開催時にも実施させて頂けるようになった『新波軒』。

非常に多くの方々のご利用とご協力のおかげで、JAM広場がスタジアムの一部となったような雰囲気を少しでも作れたのではないかと思います。

 

 

 

 

 

また、PV終了後はミクスタ周辺の清掃活動『美クスタ』も実施。

今シーズン、ギラヴァンツの闘いを見守ってくれたミクスタに感謝の想いを込めて、しっかりと掃除させて頂きました。

今シーズンの煤を払って、気持ち良く来シーズンを迎えられそうです。ご協力して下さった方々、本当にありがとうございます!

 

 

 

 

さぁ、ゲームを振り返りましょう。

北九州は、この日も後半戦の主軸となった3-5-2を採用。

前節の沼津戦同様、ワイドに張り出したサイドを有効に使って得点を狙いに行きたいところでしたが、長野の遅攻と速攻の巧みな使い分けの前になかなかチャンスを掴めず。

 

徐々にラインを下げられ防戦一方となった33分、セットプレーの流れから長野DF都並選手にオーバーヘッドでゴール左隅に叩き込まれ、先制を許します。

 

しかし、後半に入ると北九州が前半は活かせなかったサイドから切り込む攻撃を展開。

福森選手や弓崎選手がタッチラインギリギリでの攻防を繰り広げ、57分に投入された水永選手が前線で身体を張って起点を作り、ゲームは完全に北九州が掌握。

 

ゴール裏のボルテージも最高潮に差し掛かった63分。

右サイドに流れた西嶋選手がゴール前へクロス。花井選手が頭で合わせたボールは昨年まで北九州に所属していた長野GK阿部選手が伸ばした手をすり抜け、力強くネットイン!ゲームを振り出しに戻します。

 

 

終盤となった85分には、本山選手が出場。

2度の決定機を演出するも、惜しくも北九州での初ゴールはならず。

ハーフタイムにはビハインドとなって気落ちした雰囲気を察知したのか、シュート練習の合間に「頑張りましょう!」とゴール裏に向けて熱い檄を飛ばしてくれた本山選手。

本山選手の力強い姿勢は、来シーズンの捲土重来を共に成し遂げようという気概も感じさせてくれるものでした。

 

突き抜けるような青空の下で繰り広げられた一戦は1-1のドローという結果に終わりましたが、やはり最後のところで決められない、勝点で言えば『0』を『1』へ、『1』を『3』へ持って行くあと一歩のところが足りなかった今シーズンを象徴しているゲームだったように思います。

 

契約満了となった弓崎選手、そして現役引退を表明している西嶋選手に大きな声援が飛ぶ中、総じてやり切った表情で挨拶に来てくれた選手たちに「北九州に来てくれてありがとう」という感謝の言葉が多く飛んでいました。

 

 

 

クラブとしての至上命題であった1年でのJ2復帰はならず、決して満足のいく2017シーズンではありませんでしたが、サポーターのクラブを支えようとする気概は確実に高まっていると感じます。それぞれがそれぞれに出来る事を真剣にクラブの為に考え、そして行動する。その萌芽は確実に今シーズンになって表れて来ています。

 

我々KITAKYU NERDSも、もう一度自分たちの足元を見つめ直し、今シーズン継続してきた活動を振り返り、よりギラヴァンツ、そしてホームタウン・北九州の為に何が出来るかを真剣に考え、各活動をさらにアップデートし、来シーズンへ向けて心を新たに突き進んで参ります。

 

最後になりましたが、長野でお会いした皆さま、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。良いお年をお迎えください!

 

今日の一言「尺蠖(せっかく)の屈するは伸びんがため」

≫ 続きを読む

2017/12/06    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第33節・vsアスルクラロ沼津

 

 

 

おはヨハネ!どうも、原田です。

 

2017シーズンホーム最終戦!!

ミクスタは曇り空でしたが雨は降りませんでした。

 

 

 

3月の開幕からあっという間に、最終節。早いなぁと感じたりしました。

そして新ホーム・ミクスタで刻まれた名シーンやゴール・・・思い返せばいろいろと浮かんできます。

 

是非とも最後は勝利で締めくくりたい!

 

そして今年ホーム戦最後の新波軒

沢山のご利用とタオマフ・ユニフォームの寄付、本当にありがとうございました!

 

また、選手入場時にホームタウンである北九州市、そしてフレンドリータウン17市町に向けた横断幕を掲出させていただきました。ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました!

 

 

 

ホーム最終戦の相手はアスルクラロ沼津。今季J3で快進撃を続け、勢いに乗っている相手です。アウェイでは敗れているのでリベンジを狙いたい所です!

 

では、試合を振り返りましょう。

前半の序盤は沼津に押される展開に。

27分、左サイドからのクロスのこぼれ球を拾われると、再度クロスを放たれボールは沼津MF松藤選手へ、そのままシュートを打ちますが枠の外。

 

21分、GKのロングフィードからのセカンドボールを拾われるとヘディングで繋がれて沼津FW薗田選手へ。シュートを打たれますが刀根選手がブロック。

 

その後も攻め込まれる時間が続きますが、37分、ロングスローから繋がったボールを小野寺選手が叩きつけるボレーシュートを放ちますが沼津GK大西選手がナイスセーブ。

前半はスコアレスで折り返します。

 

52分、沼津のFKからのクロスボールをヘディングで合わされますが高橋選手がセーブ。

 

59分にも沼津にボールを奪われて、クロスボールをボレーで合わされますがこれも高橋選手がナイスセーブを見せます。

 

72分、ボールを繋いで、花井選手がドリブルし右サイドの福森選手にパスしそのままクロス。そのボールを水永選手が合わせますが僅かに枠の外。

 

75分、沼津の攻撃。右サイドからのクロスは合いませんでしたが、沼津FW青木選手がキープし後ろにいた松藤選手へパス。松藤選手がそのボールをクロスで上げると薗田選手がボレーシュートを放ちますが高橋選手がまたもやファインセーブを見せます!

 

ロスタイムには、高橋選手のロングフィードからチャンスメイク。花井選手のアーリークロスを弓崎選手が合わせますが沼津DF尾崎選手が果敢にブロックし得点ならず。

その後のCKで交代で出場した前田選手には惜しみも無い拍手が響きました!

 

しかし、試合はそのままスコアレスドローにて終了。

 

近くて遠い「あと一歩」。

勝ちたかった。本当に勝ちたかった。

選手たちは90分間最後まで全力を出して戦ってくれたと思います。そして、最終節の長野戦に繋いでくれたと思います。

 

 

 

 

 

試合後のセレモニーでは、引退する西嶋選手と八角選手の引退セレモニーが行われました。

 

西嶋選手は2015年から加入し、クレーバーなセンターバックとして活躍しました。2016年は怪我に泣かされましたが、復帰後は素晴らしい活躍を見せるなどチームに貢献してくれました。

 

 

八角選手は2013年から加入、ボランチを主戦場とし、中盤の要として活躍。2014年の快進撃を支えました。しかし近頃は怪我に苦しんでいました。

 

 

改めて、西嶋選手。八角選手。本当にお疲れ様でした!

 

そして、試合後に発表された前田選手の引退。

2013年に加入し、2014年の快進撃の中心であり守備の要、不動のキャプテンでした。2015年からは怪我に苦しむ事が多くなりましたが、ミクスタで僅かな時間ながらも躍動した背番号5を絶対に忘れません。

 

 

前田選手、本当にお疲れ様でした!

 

さぁ、次が本当のラストゲーム!

2017シーズン最終節、相手はAC長野パルセイロ!舞台は長野Uスタジアム!

勝って締めくくりましょう!

 

そして小倉駅JAM広場で行われるPVでは『出張!新波軒』やりますよー!!

よろしくお願いします!!

 

今日の一言「我らの想い、愛する街と共に在り」

≫ 続きを読む

2017/11/29    公式戦    kitakyunerds   |   

九州毎日駅伝での応援に向けて!

 

 

 

こんにちは、舟津です!

いよいよ明日に迫った、九州毎日駅伝での応援。来たるその時に向け、着々と準備を進めて参りました。

 

出場するスポンサー様の応援ボードを突貫工事で作成。少しでもスポンサー様に関連のあるデザインにしてみました(笑)

 

 

 

 

 

この他にも、感謝のメッセージを記した横断幕も準備しております!

 

■当日の集合場所と時間について

時間帯によって2ヶ所に分けさせて頂きました。

どちらかご都合の良い時間帯でお集まりいただければと思います。途中合流・途中解散も可能ですので、お気軽にお越しください!

 

①本城陸上競技場(昨シーズンまでのギラヴァンツ公式戦でのC席入口前)

集合時間:8時半

②ひびきコスモス公園

集合時間:10時~10時半

 

 

集合場所ではこのボードが目印となっております!

 

 

■タイムスケジュール(当日のレース状況により、変更となる場合があります)

※移動手段につきましては、我々で提供させていただきます。

時刻 内容 場所
8:30 集合(1回目) 本城陸上競技場
9:00~9:15 スタート地点での応援 本城陸上競技場
9:20~9:50 移動(ひびきコスモス公園へ) -
10:00 集合(2回目) ひびきコスモス公園
10:15~10:50 向洋橋付近での応援(1回目) -
11:00~11:50 昼食休憩 -
12:00~12:40 向洋橋付近での応援(2回目) -
13:00 解散 ひびきコスモス公園

 

■当日のご連絡先

TEL:070-4384-3166(舟津〔フナツ〕)

 

集合場所等の詳細につきましては、前日のご連絡となってしまい、誠に申し訳ございません。

 

シーズンも佳境に迫っている中での開催ではありますが、今年1年、そしてこれからのご支援の感謝を伝えるべく、スポンサー様を全力で応援しましょう!

明日はよろしくお願い致します!

≫ 続きを読む

2017/11/22    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第31節・vsガイナーレ鳥取

 

 

 

どうも、原田です!

 

今年2回目のアウェイ遠征は鳥取。自分にとっても久々の遠征となり、前日からワクワクしてました!

陸路で約7時間。自分自身の車移動での最長不倒を更新しました。

 

 

 

今回の相手はガイナーレ鳥取!

ミクスタでは2-0で勝利している相手です。

 

勝負の舞台はとりぎんバードスタジアム。周りが畑ということもあり、とてものどかな感じで、コンパクトなスタジアムでしたからとても観やすかったです。

 

 

 

 

 

では、試合を振り返ります。

 

試合は前半早々に動きます。

2分、右サイドへ展開するもボールは鳥取GK杉本選手へ、しかしそこに平井選手がチャージをかけてボールを奪うと、そのこぼれ球を花井選手がシュート!ボールはそのまま無人のゴールへ吸い込まれ北九州が先制!

花井選手はこれで今シーズン5得点目。7/22のFC東京U-23戦以来のゴールとなりました!

 

 

さらに20分。CKから、一度クリアされるも刀根選手がPA内で奪い返すも相手に倒され、これがPKの判定。

このPKを池元選手がしっかりと決めて追加点!

池元選手はこれで今シーズン16得点目。10/11のC大阪U-23戦以来のゴールとなりました。

 

 

北九州の攻撃は留まることを知りません。

43分にはまたもCKから。一度跳ね返されるも平井選手がヘッドでボールをPA内に、そのボールを西嶋選手が競り合って折り返し、そのボールを刀根選手がランニングボレーでゴールへ叩き込み追加点!3点目を取ります!

刀根選手は今季2得点目。7/8の盛岡戦以来のゴールとなりました!

 

 

前半は北九州が3点リードで折り返します。

 

しかし、後半は予想もしない展開に。

49分、鳥取の攻撃。右サイドから崩されると一気に前線の鳥取FW河合選手へ、グラウンダーのクロスを鳥取FW加藤選手に決められ1点を返されます。

 

64分、またも右サイドからボールを持たれると、鳥取FW河合選手が一気にカットイン。そのまま中央へ切り込みシュート。高橋選手が一歩も動けない、敵ながらあっぱれなシュートが決まり、これで1点差。

 

すると鳥取が一気に攻勢を強め、北九州が守勢に回るという前半とは真逆の展開になります。

 

しかし、71分。

安藤選手のロングスローを、水永選手が折り返し、その折り返したボールを後ろから詰めていた花井選手が豪快にボレーで叩き込み追加点!

花井選手はこの試合2得点目で、今季6得点目となりました!

 

 

79分の鳥取の攻撃。

左サイドから崩されると、グラウンダーのクロスを河合選手が収めますが、スライディングをしたMF加藤弘堅選手を気にしたのかシュートまで持ち込むことが出来ません。

 

84分、加藤弘堅選手がPAで鳥取FW加藤潤也選手を倒してしまいPKを与えてしまいます。これを加藤潤也選手が自ら決めて再び1点差に詰め寄られます。

 

それでも、1点差を最後まで守りきり試合終了。苦しい試合でしたが4-3で勝利!久々の連勝となりました!

 

 

 

 

 

前半は攻勢を強めいい形で折り返せましたが、後半はシステムを変えたのが影響したのか、攻守でチグハグ感が否めなかったと思いました。

結果論にはなりますが、後半も前半と同じシステムであれば、あと2点は取れていたのではないかと思いましたし、失点も少なかっただろうと思いました。

しかし、今何より必要なのは『結果』。しっかりと勝利という結果を出してくれた選手たちには感謝です。

 

また、今回は『出張版・新波軒』をリバウォークのPVでやらせていただきました!

ご利用していただいた皆様ありがとうございました!!

 

 

 

次週はお休みで、26日は今季ホーム最終戦、アスルクラロ沼津戦です!

残り試合もあとわずか。最後はいい形で締めくくりましょう!

 

鳥取でお会いした皆様ありがとうございました!

 

今日の一言「勝って兜の緒を締めよ」

≫ 続きを読む

2017/11/15    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第30節・vs栃木SC

 

 

 

どうも!原田です。

今シーズンもいよいよ大詰め。残り試合も僅かとなってきました。あと3試合。昇格が無くなってしまったとはいえ、来シーズンに繋げるためのきっかけが欲しいところです。

 

この日、西日本総合展示場ではポップカルチャーフェスティバルも開催されており、ミクスタの外でも賑わいを見せていました。

しかし、ミクスタも負けてはいません。この日は久々の晴れ!やはりミクスタは『晴れスタ』です!

 

 

 

そして今回も新波軒をご利用してくださった方々、ありがとうございました!

今シーズンはいよいよホーム最終戦の沼津戦を残すのみとなりましたが、また利用して頂けると嬉しいです。

 

今回の相手は栃木SC。

前回の対戦では引き分けでした。何よりも現在首位を走り、13戦無敗と勢いに乗っている相手でもあります。

 

では、試合を振り返ります。

 

前半の序盤は膠着状態が続いたのですが、早々に試合が動きます。

20分、CKから放たれたボールを加藤選手が後ろへ逸らしたボールが栃木MF廣瀬選手の足に当たりゴールイン!

オウンゴールという形で北九州が先制します。ちなみにミクスタでのオウンゴールは自分が見た限りだと初めてだと思います。

 

 

しかし、ここから栃木が徐々に攻撃のペースを握ります。

30分、左サイドからパスをつなぎ最後はPA内で栃木FW西谷選手がシュートを打ちますが僅かに右に外れます。

 

33分、ロングスローのクリアボールを栃木MF仙石選手がキープし栃木DF菅選手へパス、そのまま切り込みシュート。そのボールが不運にも刀根選手の足に当たって向きが変わりゴールネットへ。

同点に追いつかれてしまいます。

 

さらに44分、右サイドを起点に栃木がパスを回し中央にいた仙石選手へ、PA内に侵入しクロス。そのクロスボールをフリーになっていた栃木FW上形選手がヘディングで合わせゴール。前半で逆転を許してしまいます。

前半は1-2、1点のビハインドで折り返します。

 

後半開始直後、北九州は池元選手を下げて水永選手を投入します。

52分、北九州が右サイドからチャンスを作ります。クリアされたボールを西嶋選手が拾うとそのままクロス、受け取った水永選手からの折り返しを小野寺選手がシュートを放ちますが僅かに枠を捉えることができません。

 

そして迎えた57分、北九州は左サイドからチャンスメイク。

弓崎選手のクロスはクリアされますが、そのボールを内藤選手がダイレクトシュート!そのシュートを後半開始時から入った水永選手が逸らすような形で向きを変えたボールはゴールネットを揺らし、北九州が同点に追いつきます!

水永選手はこれが今シーズン5ゴール目。10/8のYS横浜戦以来のゴールとなりました。

 

 

このゴールをきっかけに北九州が一気に流れに乗ります。

 

70分、この試合のベストシーンが生まれます!CKからのクロスを弓崎選手がヘディングで合わせゴール!!北九州がついに逆転します!!

弓崎選手は2015年に福岡大学から加入後、初ゴール!そして嬉しいJ初ゴールとなりました!

 

 

そして、最後まで栃木にペースを渡すことなく1点差を守りきり試合終了!

3-2で1ヶ月ぶりの勝利!しかも首位から勝利を奪うという次につながる勝利となりました!!

 

 

 

 

 

前半で逆転された時はどうなるかと思いましたが、後半戦は「絶対に勝つ」という強い思いが選手達から迸っていました。それが後半の猛攻につながり、逆転劇を呼んだと思います。

 

残すところ、あと3試合。

来シーズンに繋げる為、さらに勝利を重ねていきたいところです。まずは、次の試合も勝って久しぶりの連勝といきましょう!

 

次の試合はアウェイでガイナーレ鳥取戦!連勝といきましょう!!

 

今日の一言「一念岩をも通す」

≫ 続きを読む

2017/11/08    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第28節・vsブラウブリッツ秋田

 

 

 

こんばんは!舟津です。

週末は秋田に遠征して来ました。

 

今回は新門司から大阪南港までフェリー、伊丹空港まで移動して飛行機で秋田へ・・・という旅程。

秋田に行くのも初めてですが、何気にずっと北九州に住んでいたにも関わらず、新門司からフェリーに乗り込むのは実は初めてで・・・。およそ半日の航海ですが、のんびり食べて飲んで寝て、起きたらもう大阪。たまにはこうしたのんびり旅も良いもんです。

 

 

 

 

 

秋田空港には13時半着。大阪は雨でしたが、秋田は時折晴れ間も覗き、非常に過ごしやすい天候。

レンタカーを借りて田沢湖まで足を伸ばし、夜は横手焼きそばで一杯。もちもちとした食感の麺が癖になりそうでした。

部屋では地元のお酒でぐでんぐでんに。唯一、きりたんぽが食べられなかったのが残念でしたが、それはまたの機会と言うことで・・・。

 

 

 

 

 

そして、試合当日。あいにくの雨模様。

それもそのはず、台風21号が近付いている中での試合となりましたが、この日も全国各地からギラサポの方々が集い、いざ必勝ムードへ。

 

あきぎんスタジアムはアウェーゲートに掲げられていた手作りの歓迎ボードや、ホームサポーター、もっと言えば秋田の人々の心に強く訴えかけるバナーのデザインが強く印象に残りました。選手と地元の企業やお店などとタイアップしたポスターなど、様々なところにクラブ・ホームタウン・サポーターの三位一体感が感じられる素晴らしい空間でした。

 

 

 

 

 

 

 

試合を振り返ります。

何としても先取点が欲しい北九州ではありましたが、開幕戦で苦しめられた秋田の激しいプレスにこの日も大苦戦。秋田陣内へなかなかボールを運べず、徐々にゲームは秋田ペースに。

幾度か決定機を許すものの、ポストに救われる場面もあって辛くも前半をゼロで折り返します。

 

後半に入り、この日スタメンに復帰したDF弓崎選手の献身的なプレーが光ります。両サイドを激しく入れ替わり、前線の動きを待たずに自らシュートへ持ちこむなど、個人的にはこの日最も勝利への執念を感じさせてくれていたと思います。

65分、秋田に中央からを突破を許し、ホーム開幕戦で同点弾を許した久富選手にゴールネット揺らされるも、オフサイドの判定・・・が、主審の判断により覆り、先制を許す結果に。

 

このジャッジに関しては何かと物議を醸しており、現地で見てても何が起こっているのかわからない状況ではありましたが、結果的にこの1点が重くのしかかる状況になってしまったのは、最後までゴール前でのアイディアに乏しく、秋田の守備陣を崩せなかったが故であったのかなと。

 

選手たちは当然審判団に猛抗議。先制点を許せば、勝利を狙うには難しい状況であることを十分認識していたのでしょう。これまでもそうした戦いが続いていましたから、尚更。

それを信じていたからこそ、冷たい雨が降る中でもゴール裏の声は決して途切れることはありませんでした。

 

厳しい状況は続きますが、僕らは決して諦めていません。

今シーズンも残り5試合となりましたが、全力でこの北九州を代表して戦うチームを応援し続けます。

 

 

 

秋田でお会いした方々、お疲れ様でした。

台風の影響で何かと予定を変更されたり、秋田へ辿り着けなかった方々も多かったことと思います。そんな方々の分も力を合わせ、一体となって応援出来た90分間は、かけがえのないものとなりました。改めて、ありがとうございました。

 

そして翌日・・・。

東北に接近しつつあった台風に翻弄されながらも、何とか予定通りの行程で帰路に就けました。

 

 

 

次節はアウェー・市立吹田サッカースタジアムにてガンバ大阪U-23戦。

足掻いて、足掻いて、足掻き続けましょう!

≫ 続きを読む

2017/10/24    公式戦    kitakyunerds   |