MENU

活動ブログ  公式戦

J3第6節・vsY.S.C.C.横浜

 

 

 

原田です!皆様、GWはいかがお過ごしですか?

GWも折り返しに差しかかった今頃ではありますが、日曜の歓喜を振り返ります!(遅筆ですみません・・・)

 

一ヶ月ぶりのミクスタは、絶好のフットボール日和!

 

 

 

この日の相手はY.S.C.C.横浜(以下YS横浜)。

「Yokohama Soccer&Culture Club」の頭文字を取ってYSCC。GK高橋選手が4年間在籍していたクラブでもあります。

 

相模原、鹿児島とアウェイ2連戦ともに負けており負けられない試合。そして今後にもつながる大切な試合。

 

試合は序盤、北九州がゲームを動かしますが決定力に欠け、ゴールは奪えず。

 

試合が動いたのは15分、一瞬の隙を突かれ守備が引き気味になってしまった所でミドルシュートを決められYS横浜に先制点を与えてしまいます。

しかし、その9分後の24分。

CKから相手の守備を引き剥がしフリーとなった花井選手がゴール!同点に追いつきます。花井選手はこれで今季2ゴール目!

 

その後は北九州がペースを握りゴールに迫りますが、そこに立ち塞がったのがYS横浜のGKフィリップ・フィフマン選手。「決まった!」と思ったシュートも全て弾かれてしまいました。

それでも40分、浮き玉のボールから数的優位を作り中央突破を仕掛け、パスが池元選手へ。相手DFが足を出すタイミングを見計らったシュートはゴールを揺らし逆転!キーパー一歩も動けずの素晴らしいゴールでした。

これで池元選手は2試合連続ゴールの今季3ゴール目。前半は1点リードで折り返します。

 

後半開始早々の49分、この試合のベストシーンが生まれました!

ロングスローからの跳ね返りを小谷選手がボレーで叩き込んで追加点!小谷選手はこれが待望のJリーグ初ゴール!!待望の追加点にゴール裏も沸き立ちます!

 

時間が進むにつれてYS横浜がペースを握ります。しかし、加藤選手の身体を張ったディフェンスもあり得点を許しません。

しかし74分。YS横浜のスローインからサイドを突かれてしまい、失点。これで1点差に迫られます。

 

その後もYS横浜の猛攻が続き、ロスタイムにはあわや同点の場面を守護神・山岸選手がファインセーブで防ぐなど、1点差を最後まで守りきった北九州が3-2で勝利!!

連敗を2で止め、ミクスタ3戦負けなしの2連勝となりました!!

後半戦のラストあたりはヒヤヒヤでした(^^;)

 

 

 

 

 

前半は攻守のテンポ良く行っていたのですが、後半に追加点決めた後の守備が緩くなってしまったのが課題だと思いました。

ですが、何よりも小谷選手が初ゴールを決めたのはとても嬉しかったです。

このゴールをきっかけに、小谷選手のさらなる飛躍に期待しましょう!頑張れコタケン!

 

試合後、ゴールデンウィーク初日という事もあり、選手全員とハイタッチ。

その後、山岸選手と池元選手がゴール裏に来てくれて、熱いメッセージを届けてくれました!

 

 

 

熱いメッセージを受けて更に応援頑張っていこうと誓いました!頑張るぞー!!

 

次の試合はアウェイで栃木SC戦!

チームカラーが同じ黄色という事もあり負けられません!!

 

絶対、勝つぞ!北九州!!

 

今日の一言「小谷選手、初ゴールおめでとう!!」

≫ 続きを読む

2017/05/05    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第5節・vs鹿児島ユナイテッドFC

 

 

 

どうも原田です!

今年最初のアウェイ観戦は鹿児島!

いろいろ持って、いざ出発!

 

 

・・・重かったです><

新幹線から市電に乗り換え、最後は歩いて鴨池陸上競技場へ。

電光掲示板による選手紹介やカタカナでの選手表記も味があって良かったです。

そしてフィールドとの距離も遠くなく、むしろ見やすいスタジアムでした^^

 

 

 

 

いざ、試合へ!

序盤は北九州が試合を支配しゲームが進みます。前節からの切り替えが出来ていたと思いました。

しかし、ゴールを決める事は出来ず前半はスコアレスで終了します。

 

試合が動いたのは53分、右サイドから展開されると上手く出し抜かれてゴール。鹿児島に先制点を許します。

ですが65分、PA内で小谷選手が倒されPKを得ます。これを池元選手がしっかりと決めて同点に追いつきます!池元選手は今シーズン2点目。

 

その後は北九州がペースを握って攻め込むものの決定力を欠きゴールは奪えず。両者一進一退の状況が続きます。

 

83分、今度は北九州が相手選手をPA内で倒してしまいPKを与えてしまいます。これを決められて鹿児島に逆転を許します。

その後、ゴールと思われた判定がノーゴールとなるなど不運もあり、結果1-2で惜しくも敗戦・・・。

 

この試合は厳しい判定が多々あり正直自分も納得いかないところもありました。

ただ、長いリーグ戦ではこういう試合も無きにしもあらず。今回は『運』が無かったのかなと思いました・・・。

この悔しさは10/15のミクスタでの鹿児島戦でリベンジです!

 

 

帰路では、ちょっと寄り道して竹迫温泉に入ってきました。

写真は・・・あまりに良い湯だったのでゆったりまったりして撮り忘れました。ゴメンナサイ・・・_| ̄|○

疲れと汗を一緒に流して次の試合は勝つぞと気持ちを入れ替えました!

 

次の試合は、天皇杯1回戦・アルヴェリオ高松戦。

会場は聖地・本城陸上競技場です!お待ちしております!

 

今日のひと言『勝負は時の運』

≫ 続きを読む

2017/04/20    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第3節・vsセレッソ大阪U-23

 

 

 

第2節がお休みだったこともあり、1週間空いてのこの試合。

開幕戦と比較するとかなりメンバーを変えてフレッシュな編成となりました。

 

 

 

 

 

前半戦は終始試合を支配し攻勢を強めるもののシュートに持っていくことが出来ない状況が続き、小松選手のシュートもクロスバーに弾かれるなどありスコアレスで終了。

後半戦は隙を突かれピンチを迎えるものの、相手の前に立ち塞がったのは山岸選手!ビッグセーブを連発し得点を許しません。

 

そして迎えた60分。小谷選手のシュートは相手GKが弾きますが、それを押し込んだのは今季から主将を務める池元選手!

主将のゴールで沸き立つスタジアム。我等にとっても待ちわびた先取点。

 

この後、茂選手がネットを揺らすもののオフサイド判定でノーゴール・・・移籍後初ゴールは持ち越しとなりました。

 

その後も試合を支配し、池元選手の得点を最後まで守りきり、1-0で勝利!

2017年度初勝利、そしてミクスタ初勝利を飾りました!

 

今日の試合は、茂選手、浦田選手、弓崎選手、小谷選手の若手の活躍がとても印象的でした。

そして何より、今年のギラヴァンツがやりたいサッカーの形が見えてきたと感じました。

 

そして今年から勝利のパフォーマンスが!そのパフォーマンスというのは、選手たちがペナルティーエリア前から走ってジャンプします。それにサポは掛け声で応えるというものです。

まずは池元選手がお手本を・・・。

そして最後は全員で・・・。

 

 

イエーーーーーーイ!選手達も全員、いい笑顔ですね。((o(^∇^)o))

 

次も勝つぞー!

次節は4/1、アウェイでSC相模原戦!

今シーズン初アウェーも勝ってさらに勢いに乗りましょう!

 

 

 

そして4/9はレベルファイブスタジアムにて天皇杯の福岡県代表決定戦!

これに勝てば4/23に本城で行われる天皇杯第1回戦へ!勝って聖地・本城へ行きましょう!!

今日のひと言『ミクスタ初勝利!!』

≫ 続きを読む

2017/03/30    公式戦    kitakyunerds   |   

J3開幕戦・vsブラウブリッツ秋田

 

 

 

待ちに待った開幕戦。

そしてこの日は何よりも・・・ミクスタグランドオープンの日!!

 

 

 

試合前にはオープンセレモニー等の催し物が盛大に行われました。

自分はその合間にスタグルを楽しみに・・・。

屋台には沢山の人でいっぱいでした!もちろん私もスタグルを堪能しました。

 

 

 

そして試合へ!・・・の前に。

今季からついに大型ビジョンでの選手紹介がスタート。ド迫力のスタメン発表に圧倒されました!

 

 

肝心の試合は、最初は秋田がチャンスを作りますが、北九州はGK山岸選手を中心とした守備でゴールを許しません。

 

すると徐々に流れは北九州へ。

サイド攻撃を中心に秋田ゴールへ向かって行きます。

 

そして迎えた前半33分!

神崎選手のシュートを花井選手がフリックしたボールはそのままゴール!

昨季から北九州に加入した花井選手はこれが移籍後初ゴール。そしてこれがミクスタ第1号ゴールとなりました!

 

その後は勢いそのままに攻めるもののゴールは決まらず。44分に混戦の中で秋田にゴールを許し同点。

後半は攻め込まれるも隙をついて攻撃へ転じるも相手GKの攻守もありゴールを奪えず。

 

その後は内藤選手、池元選手、平井選手を投入し、攻撃のカードを切るものの得点には繋がらず試合終了。

ミクスタ初陣は1-1のドローに終わりました。

 

今日の試合は14,935人が来場!

ほぼ満員で埋め尽くされた中で迎えたグランドオープンだっただけに、是非とも勝利を勝ち取りたかった・・・。

新体制になったという事もあるのか、まだチームは未完成な印象。ですが、まだ始まったばかり。しっかりと修正して次に向けて欲しいですね。

 

 

 

次節は3/26、vsセレッソ大阪U-23です。次は勝つぞ!!

今日の格言『千里の道も一歩から』

≫ 続きを読む

2017/03/13    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第42節・山形戦

 

 

 

東北・山形の地で迎えた今シーズンの最終戦。

 

残留を果たす為には、勝利が不可欠。

想いを1つに、全国からサポーターが駆け付けて運命の90分を迎えました。

 

 

 

 

 

しかし、山形攻撃陣の爆発を止められず、0-3で敗戦。

試合前までは自動降格圏の最下位だった金沢が札幌とドローに終わった為、勝ち点で入れ替える形で最下位へ。

 

一縷の望みを託して応援して来ましたが、待ち構えていたのはJ3降格と言う厳しい現実。

ですが、ギラヴァンツ北九州と言うクラブの歴史はこれからも続いていきます。

 

こんな時だからこそ、何が足りなかったのか、もう少しクラブの為に何か出来なかったのかを、ギラヴァンツに関わる人々が真剣に考える機会にしていかなければならないと強く感じています。まだまだ、様々なものが足りてません。

 

カテゴリーが違おうが、『北九州から世界を目指す』戦いが続く事に変わりはありません。

我々も来シーズンはより熱を入れ、応援活動に邁進して行く所存です。

 

今シーズンお世話になったサポーターの方々、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

来シーズンもよろしくお願い致します。

≫ 続きを読む

2016/11/21    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第41節・水戸戦

 

 

 

2010年からホームスタジアムとして北九州の戦いを見守って来た本城陸上競技場でのゲームも、いよいよこの水戸戦が最後。

 

残留争いの渦中にある中で、そして最後の本城だからこそ、少しでもホームの雰囲気を高めたい。

きっとそんな想いを全てのサポーターが抱き、本城に足を運んだ事と思います。

それぞれのメッセージを、これから戦いに向かう選手達へ。いつも以上に熱かった選手バスの入り待ちがその何よりの表れでした。

 

 

 

試合前にはKITAKYU NERDSの理念に賛同してくださるサポーターの方々が作られた横断幕に、続々と応援メッセージが書き込まれました。

横断幕は来週の今シーズン最終戦・アウェー山形戦で掲出されます。ご協力頂いたサポーターの方々、本当にありがとうございます!

 

 

 

 

 

張り詰めた空気の中で展開したゲーム。高い集中力で水戸の攻撃を耐え凌んで前半を折り返すも、後半に一瞬のミスを突かれて水戸に立て続けに失点を許し、苦しい展開に。

しかし終了間際、ロドリゴ選手のゴールで1点を返すと、アディショナルタイムには池元選手のゴールで怒涛の追い上げを見せ、本城のボルテージは最高潮に。このまま逆転もあるかと思わせる最後の猛攻ぶりでしたが、タイムアップ。

 

あの5分間での同点劇は、サポーターや選手達の執念が直結したと言っても過言では無いのではないでしょうか。いや、ひょっとしたら我々の想い出が沢山詰まった『本城陸上競技場』が独特の空気を作ってくれたのかも知れません。

 

「ありがとう、聖地本城」

 

 

 

最終戦にJ2残留への望みを繋いだ格好となりましたが、この流れは確実に山形戦に繋がる事でしょう。

きっと選手達はやってくれます。その選手達に少しでも気持ち良く戦ってもらえるように、山形に乗り込んでしっかりと後押しを。

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/11/13    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第40節・町田戦

 

 

 

長崎戦からわずか中2日で迎えた昨日の町田戦。
勝ち点37で3チームが並ぶ大混戦の残留争いの中で求められるのは、勝利のみ。その勝利を信じて、選手バスの入り待ちから多くのサポーターの方々が集まってくれました。

 

 

 

試合前には『ありがとう!本城』企画として行われたバックヤードツアーに参加。
普段は入れないピッチに入れただけでなく、選手入場体験やロッカールームの見学等、今シーズンでギラヴァンツのホームグラウンドとしての役目を終える本城を余すところなく見学することが出来ました。

こうして本城のありとあらゆる光景をまじまじと見つめると、様々な想い出が浮かんで来て感慨もひとしおでした。

 

 

 

 

 

さて試合は、町田の猛攻に屈して1-3で惨敗。

再び降格圏内に転落してしまいましたが、まだ何も終わってません。

可能性がある限り、選手達を最後まで信じて、悔いのないように今一度全力で応援しましょう!

 

 

 

泣いても笑っても最後となる本城での水戸戦で、再び一丸となって必ずや勝利を。

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/11/07    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第39節・長崎戦

 

 

 

残り4戦、1つ1つが大事な試合。
未だかつて勝利を挙げた事の無い長崎で貴重な勝ち点を得るべく、多くのサポーターが駆け付けました。

 

 

 

強固な長崎の守備の前になかなか攻撃の糸口を掴めず苦しい試合となりましたが、選手・サポーター共に諦めずに勝利だけを信じて闘い抜きました。
残念ながらスコアレスドロー、勝ち点1に終わったものの、試合後の選手達の表情からは悔しさが滲みながらも、捲土重来を期するものを感じ、まだまだ我々サポーターも頑張らないといけないと強く感じた次第です。

 

町田戦では残留を大きく近づける勝利を挙げるべく、再び一丸となってさらなる後押しを。

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/11/03    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第38節・岐阜戦

 

 

 

昨日の岐阜との一戦は、まさに残留を争う『裏天王山』とも呼べる戦いの様相を帯び、この一戦を前に様々な想いで本城に足を運んだ方々も多くいらっしゃったと思います。

 

選手バスの入り待ちでは多くのサポーターの方々が駆け付けて下さり、戦いを前にした選手達に向けて熱いメッセージを伝えて下さいました。
選手・スタッフ、そしてサポーター。「絶対に勝つ」と言う想いを改めて共有出来た時間となれたように思います。
突然の呼びかけにも関わらず、駆け付けて頂いたサポーターの方々には本当に感謝です。来週の町田戦でも引き続きやりますので、また駆け付けて頂ければ幸いです!

 

 

 

その想いが通じたのか、試合は2-1で見事に我らが北九州が勝利し、岐阜を交わして最下位を脱出。20位の金沢に勝点差『1』に迫る貴重な勝利となりました。
非常にタフな試合展開となりましたが、選手達は良く走り、そして戦ってくれたと思います。

 

試合中にはギラヴァンツユースの子ども達が応援に参加してくれ、若さ溢れる声援でチームの後押しを頑張ってくれました。その若さに押しに押されて、我々もいつも以上に応援が熱く、そして楽しくやれたように思います。

みんなと笑顔で勝利の喜びを分かち合えて本当に良かったです。一緒に応援してくれて本当にありがとう!また来てね!

 

 

 

 

 

残り4試合、本城ではあと2試合。

まだまだ厳しい状況には変わりませんが、この試合で得たエネルギーを活かして連勝でシーズンを終えられるように頑張りましょう!

 

 

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/10/31    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第37節・清水戦

 

 

 

日曜は清水に飛び、IAIスタジアム日本平に乗り込んで来ました。

 

いわゆるJリーグの『オリジナル10』としてJ1に君臨し続けた名門クラブを相手に、気持ちも高ぶってスタジアムへ。
スタジアムの形状もどことなく完成後の北九州スタジアムにそっくりな感じがして、そう言った意味でも非常に高いモチベーションで応援する事が出来ました。

 

圧倒的な戦力と技術を誇る清水相手に残念ながら勝利を挙げる事は出来ませんでしたが、後半は北九州の選手達も気持ちのこもったプレーを見せてくれ、ゴールに迫るシーンも多くあとわずかなところまで清水を追い詰める見せ場も作り、確実来週の岐阜戦に繋がるゲームをしてくれたと思います。
再び最下位転落とはなりましたが、まだ何も終わってません。来週こそは勝利を挙げられるように、また全力で応援して行きましょう!

 

日本平の雰囲気は、応援の迫力も去る事ながら、スタジアム内外で思い思いにサッカーライフを楽しむ光景がとても印象に残りました。

元々サッカーが身近で盛んな地域と言うのもあるのでしょうが、まさに街が一体になって清水エスパルスと言うクラブを支えているのだろうと。いつかは北九州の街にもこのような光景が溢れる日が来るように、まだまだ頑張らないと行けないなと決意を新たにした次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/10/25    公式戦    kitakyunerds   |