MENU

活動ブログ  2018年05月

J3第11節・vsガンバ大阪U-23

 

 

 

どうも、原田です!

 

この日もミクスタは晴れ!

先週までは悪天候でしたが、試合が近づくたびに天候も回復。 やはりミクスタは晴れスタです!

 

 

試合の前に、マッチデースポンサー・明治安田生命様の企画『血管年齢検査』にメンバー一同で参加。 結果は・・・。

 

今節の相手は、ガンバ大阪U-23。 昨季は1勝1分と勝ち越しています。

何よりも、監督は日本代表でもプレーした宮本恒靖さんがチームを率いています。

 

それでは試合を振り返りましょう。

前半開始してすぐに北九州がカウンターからチャンスメイク。平井選手がカットインしてからのパスを前田選手が合わせますが僅かに外。

攻撃のリズムを作りますが、こう着状態が続く中で、迎えた30分。サイドからの突破を許すと、泉澤選手がそのまま持ち込んでのシュートが決まり先制点を許してしまいます。

 

その後すぐの32分の北九州の攻撃、早いリスタートから野口選手がGKをかわしてのパスを前田選手がシュートしますがDFがブロック、さらにそのこぼれ球を井上選手が押し込みにかかりますがまたもブロックされゴールならず。

前半は1点ビハインドで折り返します。

 

62分、ガンバの攻撃。 泉澤選手がワンツーで抜け出すと、パスで山岸選手をかわして最後は妹尾選手に決められ追加点を許します。

これがきっかけとなったのか、流れは一気にガンバに傾きます。

 

69分、右サイドからクロスを上げられると高木選手のシュートは一旦は山岸選手が止めますが、押し込まれ3点目を許してしまいます。

87分には、クリアボールを白井選手に拾われるとそのまま切り込まれてのミドルシュートが決まり4点目を許します。

北九州も終了間際に、井上選手のクロスをフェホ選手が合わせますが、ゴールならず。

そのまま試合終了。0-4で敗戦となりました。

 

本当に悔しい結果となりました。

前半はいい感じに攻める事が出来ていたのですがが、先取点を奪われてから一転、リズムが一気に狂ってしまったような気がしました。

後半も同じように失点から一気にリズムを崩し、ズルズルと悪い方向に行ってしまったと思います。

悪い流れに呑まれている状況ではありますが、チームが前を向けれるように声援を送り続けます!

 

 

次の試合はアウェイの富山戦。 もう一度、前を向いて、挑んでいきましょう!

 

今節の一言「本当の敵は、諦めだ」

≫ 続きを読む

2018/05/26    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第10節・vsセレッソ大阪U-23

 

 

 

こんにちは、舟津です!

GW最終日となった5/6(日)、大阪まで自走で遠征して来ました!

 

0:00~9:00 往路編
9:30~16:00 試合編
16:30~2:30 復路編

 

0:00~9:00 往路編

 

私事で恐縮ですが、丁度車を買い替えてから初めての自走遠征。

前日にしっっっかりと洗車をして、準備万端!

 

 

日付が変わるぐらいに同乗するメンバーを迎えに行き、福岡を出発。

 

 

 

出発まで出来るだけ寝溜めした甲斐もあってか、順調に山陽道を東へ東へ。

 

 

ただ、やはり体内時計は正直なもので、空が白んで来た辺りから眠気が襲い始め、途中30分程仮眠した後に、ちょっと神戸へ寄り道。

 

まず最初の目的地は弓弦羽神社。昨年も訪れましたが、日本サッカー協会のシンボルである八咫烏が祀られている、まさに『サッカーの神社』です。

「とにかく勝って帰りたい!」その一心で今年も訪れました。

しっかりと必勝祈願を済ませると、途端に鳴り響くお腹の音!

 

「そう言えば昨日の夕方から何も食べてない・・・」

 

キンチョウスタジアムでの声出しに備えて、朝はしっっっかり!という事で、近場で朝早く早くから営業していた『栄食堂』へ。

まさに『町の定食屋さん』という佇まいで、朝早くから常連のお客さんで賑わっておりました。

 

今日は絶対勝つぞ!という事で、メインにとんかつをチョイス。

サイドに大根のお肉の煮物(じゃがいもの代わりに大根が入った肉じゃがなイメージ)、豚汁、締めに卵かけごはんというセットリスト。

ボリュームはもちろん、一品一品がとても味わい深く、本当に最高の朝ごはんでした。

気さくなおばちゃんの接客もGOOD!近所にあったら絶対通うこと間違い無しです。

 

 

9:30~16:00 試合編

お腹も心も満たされたところで、いざ長居へ!

神戸の都心を縫うように走る阪神高速を快調に走ります。

 

福岡から出発して9時間、キンチョウスタジアムに到着。

長居公園では陸上大会や肉フェスが開催されており、早い時間から賑わいを見せていました。

 

昨年はお隣のヤンマースタジアム長居での開催だっただけに、キンチョウスタジアムのコンパクトさにどことなく落ち着いたというのが正直なところです(笑)

ミクスタよりもピッチとの距離は離れてはいますが、それでも球技専用だけに選手との距離はやはり近く感じ、非常に観戦しやすいスタジアムだなと感じました。

 

さて、試合を振り返ります。

前節の秋田戦から、MF加藤選手・村松選手・安藤選手・FW前田選手、そしてGK山岸選手がスタメンに復帰。

 

今シーズン非常に好調のC大阪U-23。

DFながら前線に幾度となく顔を出す沖野選手を中心に、左サイドからピッチを広く使う攻撃を効果的に繰り出します。

 

ですが、我々北九州もここまで総得点数こそ少ないものの、ダヴィ選手を中心とした攻撃に徐々に厚みが出て来ており、C大阪守備陣を翻弄するシーンも多く演出。

右SHで先発出場が続くMF内藤選手が右サイドを抉り、その折り返しを受けたMF村松選手のヘディングシュートが惜しくもクロスバーを叩く等、前半は北九州ペースで推移。

 

しかし32分、内藤選手がGK山岸選手へ出したバックパスをC大阪MF魚里選手に奪われてしまい、カバーリングが間に合わずに落ち着いてゴールネットに叩き込まれ、先制を許します。

終始優勢にゲームを進めていただけに、非常に勿体無い失点となりました。

 

後半に入っても北九州ペースは変わらないものの、C大阪の堅牢な守備をなかなか崩す事が出来ません。

 

北九州はDF野口選手、MF川上選手、そしてFWフェホ選手を立て続けにピッチに投入。

野口選手は開幕戦となった第2節、キャプテン・川上選手は第7節以来の出場となり、試合に飢えている感が積極的なプレーからもひしひしと伝わって来ました。

 

そして、迎えた83分。

川上選手からのFKがフェホ選手に引きつけられるように伸び、ヘディングで放たれたシュートは力強くゴール左隅にネットイン!第7節以来、久々の得点にアウェーゴール裏は大盛り上がり!

まさに『合わせるだけ』な、フェホ選手の高さを活かした完璧なヘディングシュート。得点を決めた後にフェホ選手がゴール裏に向かって力強く鼓舞してくれたのも、たまらなく嬉しかったです。

 

ですが、まだ追い付いただけ。

残された約10分、懸命に逆転を目指して攻め立てますが、あと1点が遠く1-1のドロー。

 

前半のミスからの失点が最後まで響いた格好とはなりますが、久々に勝点を加えた形となった事は救いと言えるでしょう。そして、90分を通じて自分たちのペースで優位に進めて来てはいるので、これからの巻き返しに期待は十分に出来ます。

 

あと少し。あと一歩。

その一歩を進められるように、私たちも継続して力強く声援を送って行きたいと思います。

 

また、今回初めてホームゲームで寄付を頂きました『to the next stage』の黄旗を遠方サポーターの方々におすそ分けする事が出来ました!

選手入場時に旗を振って頂くようにお願いもさせて頂きましたが、多くの方が旗を振って頂き、非常に嬉しかったです。本当にありがとうございます!

 

 

そして、今回の企画にご協力頂いた方々、そして併せて黄旗を提供して下さったクラブの方々にも、改めて御礼を申し上げます。私たちが赴くアウェー会場で引き続きこの活動は行いますので、その際はまたよろしくお願い致します!

 

16:30~2:30 復路編

 

帰り道は明石に立ち寄り、『玉子焼』、俗に言う明石焼に舌鼓。

お出汁が非常に上品な味で、薬味である三つ葉との相性も抜群。永遠に食べられるんじゃないかと思うぐらいでした。

 

 

 

 

 

帰りはほぼほぼ岡がハンドル握ってくれたので、私はしばし後部座席で仮眠。

道中、スコールと見紛う程の豪雨に見舞われましたが、ちょうど日付が変わるタイミングで九州に帰還。

メンバーを送り届け、自宅到着は午後2時半。お疲れ様でした!

 

 

うーん、大人しく月曜休みにしとけば良かった・・・(笑)

とはいえ、次の遠征が早くも楽しみな私がいます!

 

今回お会いした皆様、ありがとうございました!

≫ 続きを読む

2018/05/10    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第8節・vsザスパクサツ群馬

 

 

 

どうも、原田です!

 

ミクスタは晴れ!

そしてこの日は、中学生のサッカー大会決勝が行われ前座の試合でしたが、白熱の試合を見せてくれました!

 

 

 

もう一つ、マッチデースポンサーの東筑軒のかしわめし早食い対決もありまして、試合前からアツいミクスタでした。

そして、金曜日にクラブからリリースがあったように、札幌と京都でプレーしたフェホ選手が加入しました。活躍に期待です!

 

 

 

今回の相手はザスパクサツ群馬。かつて北九州でプレーした市川選手、風間選手、星原選手が所属しているチームです。

 

それでは試合を振り返ります。

この試合は90分を通してかなり拮抗した試合となりました。

 

16分、北九州の攻撃。

右サイドからのクロスをFW前田選手がボレーで合わせますが枠の外。

 

25分も北九州は右サイドからのクロスをFWダヴィ選手が左足で合わせますが、相手GK真正面でゴールにはなりません。

 

31分の群馬の攻撃。

サイドチェンジから群馬MF小林選手がカットインからのシュートを打ちますが、GK高橋選手がセーブします。

 

その後、膠着状態が続き前半はスコアレスに終わります。

 

後半早々に試合が動きます。

46分、群馬は不完全なクリアからボールを奪われ右サイドからのクロスを岡田選手がボレーを決めて群馬に先制点を許してしまいます。

 

その後は、両者の激しい攻防が続く中での74分、左サイドの裏を取ったダヴィ選手のパスを途中出場のフェホ選手が合わせますが僅かに枠の外。

 

絶好機を活かすことが出来ず、その後も膠着状態が続き試合終了。

0-1で悔しい敗戦となりました。

 

ホームでなかなか勝てません・・・。

試合内容は良くなっているように見えます。しかし、結果がついて来ないという歯がゆさは否めません。

 

ですが、我々以上に選手たちが悔しい想いで一杯のはず。

次の試合に向けての奮起に期待しましょう。

 

 

また、前回のホーム・相模原戦に引き続き、この日も『to the next stage』の小旗の寄付を呼び掛けさせて頂きました。

 

おかげさまでたくさんの寄付を頂きました。

ご協力頂いた方々、本当にありがとうございます!

 

GW3連戦、次はあきぎんスタジアムでブラウブリッツ秋田戦!次こそ勝利を!

 

今日の一言「一念発起」

≫ 続きを読む

2018/05/03    公式戦    kitakyunerds   |