MENU

活動ブログ  2018年11月

J3第31節・vsブラウブリッツ秋田

 

 

 

こんにちは!舟津です。

2019シーズンも残り僅か4試合、ミクスタでのホームゲームは残り2試合。

ついこの間開幕した気がしないでもないですが、本当に早いものです。

 

この日のブラウブリッツ秋田戦は大人気アニメ『ソードアート・オンライン(SAO)アリシゼーション』とのコラボデー!

ミクスタにはフォトスポットやスタジアム観戦案内の撮り下ろしキャラクターボイス等、様々な演出が催されていました。

北九州ポップカルチャーフェスティバル(KPF)とのタイアップイベントとしてのコラボデーでもあり、浅野町緑地には物販ブースも。

 

 

恥ずかしながらSAOを全く観た事が無かった私ですが、この日に向けてしっっかりと予習。

第1期、第2期、劇場版を一気に消化し、現在放映中のSAOアリシゼーションに何とか間に合いました。

オンラインゲームを題材にした作品ですが、主人公であるキリトの人間としての成長やゲーム内で知り合う仲間達との絆も見どころだと思います。それぞれのキャラクターが本当に魅力的で・・・。

 

閑話休題、私たちとしても何とかこのコラボデーを盛り上げられないかとアイディアを出し合い、準備を進めて来ました。

そして、SAOキャラクターを題材にした応援ゲートフラッグと観戦ガイドブックを作成。

SAOファンの方々にはもちろん、サッカー初観戦に向けた内容に仕上げました。

 

 

 

試合開始までの間、浅野町緑地やKPF入場ゲート付近、そして南サイドスタンド入口と場所を移動しながら試合の告知や呼び込みを行わせて頂きましたが、非常に多くの方々にお声をかけて頂き、ガイドブックも準備していた分は全て配布させて頂く事が出来ました。

 

「今回のコラボデーで初めてミクスタに来ました!」

「初めて来たので、こうした案内があるとありがたいです」

との声も頂き、模索しながらも実施した甲斐があったかなと思います。

様々な課題や反省点も見つかりましたが、次回以降の同様の取り組みに活かしていきたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

ハーフタイムにはゴール裏サポーターの方々のご協力の元、ゲストの松岡禎丞さん(キリト役)・茅野愛衣さん(アリス役)へのコールや歓迎ゲーフラ掲出も。

お声をかけて下さった方々、そしてご協力頂いた全ての方々、本当にありがとうございます!

 

 

今回のコラボデーがきっかけとなり「サッカー観戦って意外と面白いな」「また来てみても良いかも」と少しでも多くの方々に感じて頂けたとしたら、この上無く幸いです。

 

そして試合は・・・一言でいえば『残念』の一言に尽きるかと。

立ち上がりから秋田の前線からの圧を封じ込める事が出来ず、攻撃の中心であるJ1での経験も豊富な秋田FW藤田選手に先制ゴールを許すと、中盤で流動的な動きを見せていた秋田MF江口選手の放ったシュートの軌道が変わって追加点を献上。良いところが無いまま前半を終えます。

 

後半に入ると北九州が攻撃に厚みを持たせて徐々にラインを上げて反撃ムードが高まりますが、最後のところで決まらない決定力の低さを払拭する事は出来ず。

スタメン出場が続いているルーキー・FW佐藤選手の献身的な前線からの守備に光るものを感じましたが、無情にも無得点のままタイムアップ。

 

 

終了後の挨拶で、ゴール裏からの声に真摯に耳を傾け、何度も頷いていた選手たち。

誰一人、この日の結果に満足している者はいない。

「もっと出来る、やれる」という想いは皆同じ。

ならば残り3戦、全身全霊で進んで行こう。

僅かな時間でしたが、悔しさを押し殺しながらもその想いが共有出来た時間だったように思います。

 

 

ミクスタでお会いした方々、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

群馬、そして吹田と2週連続でアウェーでの闘いが続きますが、それぞれの場所から北九州の戦士たちへ引き続き熱いエールを届けて行きましょう!

≫ 続きを読む

2018/11/13    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第30節・vsガイナーレ鳥取

 

 

 

こんばんは!舟津です。

先週は米子に遠征して来ました!

久々にマイカーでの遠征。ガソリン満タンヨシ!空気圧点検ヨシ!3時に小倉をいざ出発!

 

 

途中何度か休憩を挟み、小倉から約6時間でチュウブYAJINスタジアム(チュスタ)に到着!

このスタジアムは元々小さな山を掘り下げて造成されたスタジアムで、低コスト(約3億円)スタジアムとして落成当時は非常に注目されたスタジアムでもあります。

 

 

外から見ると「一体どこにスタンドがあるの?」と思ってしまうのですが、小さな階段を登るとすり鉢状のスタジアムがお出迎え。

掘り下げる事で出来た斜面に座席を設けられ、一般的なスタジアムに良く見られる鉄筋コンクリートの部分はほとんど見受けられず。

 

 

なるほど、非常に良く考えられて造られたスタジアムだなと。

普段はガイナーレの練習場として主に使用されているそうですが、専用スタジアム特有のスタンドとピッチの近さ(ミクスタや西が丘より近いかも)、屋根が無いながらも周囲に大きな建造物が無い為、非常に開放的な空間。サッカーを楽しむにはピッチ・スタンド両面で至高の環境であると感じました。

スタジアム向かいの芝生広場ではちびっ子たちがボールを追いかけ、休日にサッカーが身近にある原風景が広がっていました。

 

朝食も忘れて一目散にチュスタを目指した為、今か今かとスタグルのオープンを待ちます。

この日チョイスしたのは、鹿のジビエバーガーと串焼きベーコン。

バンズに挟まれていたのは、鹿肉を使ったメンチカツ。さっぱりとした味わいで何個でもいけそうな美味しさでした!

鹿肉を使ったボロネーゼも美味しそうで・・・。腹が減っていたのでもう一品食べとけば良かったです(笑)

 

 

スタグルそのもの以外に個人的にポイントが高かったのは、スタグルエリアにあるテーブルにウェットティッシュやウエスも常備されてあった点。小さな心配りが行き届いてるなと感じました。

 

さて、ガイナーレ鳥取には6月のホーム戦では3-0と勝利を収めております。

最終盤でダメ押しの3点目、プロ初ゴールをゲットしたFW佐藤選手もスタメンに名を連ね、ホーム戦の再現に期待が高まります。

 

開始早々、怒涛の攻撃を見せる北九州。

佐藤選手が前線へ果敢に攻め上がり、FWダヴィ選手とMF茂選手、井上選手がフォローに回って鳥取守備陣のスペースを突く、まさに流動的なコンビネーション。

特に序盤は通算で8勝1敗と好相性そのままに、北九州のスピードに鳥取が後手に回るという展開が続きました。

 

27分、FKからの展開でバウンドしたボールに反応した井上選手がPA内で鳥取DF上松選手のファールに遭い、PKを獲得。

キッカーはダヴィ選手。得意の左足でゴール右隅を狙いますが、鳥取GK井上選手が見事に反応。ゴールマウスからボールをかき出され、ゴールとはならず。

 

ただ、後半に入ってからも北九州ペースは変わらず。

両サイドから徐々に攻撃の圧を強め、迎えた49分。

茂選手からのクロスに反応した佐藤選手が低い弾道でのヘディング。これが見事にゴール左隅に決まり、先制に成功!

ホーム鳥取戦以来の2ゴール目に、全国各地から米子に駆けつけたギラヴァンツサポーターは大いに湧きました!

 

 

この勢いに乗ってその後も攻撃の圧力を強めて追加点を狙いますが、スコアは動かず終盤へ向かいます。

 

すると85分、ラインが下がり始めたところを鳥取の攻撃陣が見逃さず、左右に振られて北九州の守備陣形がばらけたところを、鳥取FWヴィートル・ガブリエル選手に冷静に左足で流し込まれてゲームは振り出しに。

この失点までの85分は完全にゲームを掌握していただけに、痛恨の失点。

 

結局このまま1-1でタイムアップ。今シーズン、チュウブYAJINスタジアムでは無敗を誇る鳥取相手に勝利とはなりませんでした。

 

 

 

帰りも安全運転で。

道中、中国山地の燃えるような紅葉に癒されつつ、仲間とゲームを振り返ったり、他愛も無い話で盛り上がりながらのロングドライブ。

 

 

米子でお会いした方々、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました!

 

明日は昨日の秋田戦を振り返ります!

≫ 続きを読む

2018/11/12    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第29節・vsグルージャ盛岡

 

 

 

どうも、原田です!

さて、この日は3日早いですがミクスタはハロウィンムード。

天気も快晴。絶好の蹴球日和です!

 

 

今節の相手はグルージャ盛岡。

前回の対戦時は敗戦と悔しい結果に終わってます。是非ともリベンジを狙いたい所です。

 

では、試合を振り返ります。

試合は両者膠着状態の中で迎えた27分の北九州。右サイドからのクロスをMF茂選手がフリーでヘッドで合わせますが、枠の外。

 

30分、盛岡は小さなパスを繋いで、最後は宮市選手がシュートを打ちますが、高橋選手がセーブ。

 

40分も盛岡はパスを繋いでのクロスを谷口選手がシュートしますが枠の外へ。

前半は0-0で折り返します。

 

後半は一進一退の攻防が続く中で迎えた67分。PA内で茂選手がボールを奪いますが、相手に倒されファールの判定。PKを得ます。

そのPKを井上選手が落ち着いて決め北九州が先制します!

井上選手は今季2ゴール目。富山戦以来のゴールとなりました。

 

 

しかし、75分。パスカットからのこぼれ球を盛岡MF江頭選手が豪快に振り抜いたシュートがゴールへ吸い込まれ、同点に追いつかれます。

 

それでも、ドラマは待っていました!

アディショナルタイム。北九州はCKからのこぼれ球を内藤選手が地を這うような弾丸ミドルが決まり北九州が勝ち越します!

内藤選手は今季2ゴール目、アウェイ長野戦以来のゴールとなりました!

 

 

これが決勝点となり2-1で劇的勝利を収めました!

 

 

前半は少し、ぎこちなさがあったものの後半、先制の後に追いつかれたものの、最後まで諦めずに点を獲りに行ったことが決勝ゴールに繋がったと思います。

 

残り試合も本当に僅かとなりました。

ホーム戦もあと2試合。

最後の最後まで、声援を送っていきましょう!

 

 

この日お会いした全ての皆さま、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!

 

次節は明日、チュウブYAJINスタジアムでアウェー鳥取戦です。

勝って今季初の連勝といきましょう!

≫ 続きを読む

2018/11/03    公式戦    kitakyunerds   |