MENU

活動ブログ  2018年9月19日

J3第23節・vs鹿児島ユナイテッドFC

 

 

 

こんにちは、舟津です!

先日は久々のマイカー自走で鹿児島に行って来ました!

 

今回の遠征は『九州よかよかドライブパス2018』を利用。

私の場合はまともに行くよりも2,060高速代が安くなりました!

最大3~4日間利用可能なので、遠征以外でも九州内をドライブ旅行する際にはオススメです!

 

先月、ホームの対戦では終始息詰まる展開でスコアレスドローに終わった、鹿児島ユナイテッドFCとのバトルオブ九州。

2位の鹿児島、16位の北九州と順位こそかけ離れていますが、今日こそ決着をつける時。

意気揚々と、ハンドルを握る手にも一段と力がこもります。

 

 

途中休憩も挟んで4時間程で鴨池に到着。

車から降りるや否や、ムシッとした残暑が襲います。ほぼ無風状態だったので立っているだけで汗がダラダラ・・・。

ここのところ秋の涼やかな気配を感じていただけに、この蒸し暑さは正直堪えました・・・。

 

 

横断幕の設営が終わったところで、少しスタグルエリアをぶらり。

ちょうど鹿児島の選手バスが到着したところだったようで、サポーターは大いに盛り上がっておりました。

 

 

こちらも負けじと、北九州の選手バスを『北九州コール』でお出迎え。

途中、ツアーバスを選手バスと勘違いしてコールしそうになりましたが(笑)、集まって頂いたサポーターの皆さま、ありがとうございました!

 

 

アウェーゾーンから見渡す鴨池は、どことなく岡山のシティライトに似ている印象。

2020年の国体に向けて改修が行われているそうで、ところどころ工事が行われている最中でもあり、何となくシムシティっぽい感覚の中での応援となりました(笑)

アウェーの選手紹介が薩摩弁だったのも、オリジナリティ溢れる演出。

 

 

では、試合を振り返りましょう。

前節からGK高橋選手に代わり、GK中山選手、出場停止のFWフェホ選手に代わり、FW池元選手がスタメン出場。

ギラヴァンツのフレンドリータウン・行橋市出身の中山選手はプロ4年目にしてこれが公式戦初出場という事もあり、大声援を一身に受けていました。

 

立ち上がりから北九州は右サイドのDF野口選手から連動した攻撃を見せると、波状攻撃からMF安藤選手が幾度もミドルシュートを浴びせ、怒涛の攻撃で鹿児島ゴールを襲います。

しかし、鹿児島GKアン・ジュンス選手の好セーブもあり、あと少しのところでゴールを割るには至りません。

 

今シーズンで一番ではないかという程の充実したゲームの入りを見せますが、13分。鹿児島にこの日最初の自陣内への突破を許すと、鹿児島MF田中選手のクロスがPA内で浦田選手のハンドを誘発し、PKの判定。

このPKを鹿児島FW中山雄希選手が落ち着いて決め、先制を許してしまいます。GK中山選手もコースへの反応はズバリでしたが、惜しくも及ばず。

 

しかし、先制を許しても簡単に諦めない、強靭な『闘う』姿勢が備わりつつある北九州の選手たち。

鹿児島の強固なブロックを掻い潜り、幾度も同点、さらには逆転のチャンスを伺っていきます。

 

ですが、さすがは首位を伺う位置につける鹿児島。

MF井上選手やMF村松選手を中心に巧みなパス交換で鹿児島陣内へボールを供給し続けるも、鹿児島の堅牢な守備を崩すには至らず。

 

スタッツはほぼ互角、最後までどちらに転ぶか解らなかった熱戦は、0-1で終結。

結果的にはPKでの失点が最後まで響いた格好とはなりましたが、それでも選手たちは最後まで諦めず、ひたむきにゴールを目指して闘ってくれていたと思います。だからこそ悔しかった・・・というのは正直否めません。

この悔しさは週末のセレッソ大阪U-23戦で晴らせるように頑張ります!!

 

 

試合後には有薗真吾応援団の方々と記念撮影。

鴨池から車で15分ほどの谷山中学校出身の有薗選手も、地元の大声援は心強かった事でしょう。応援団の皆さん、集まって頂いてありがとうございました!次はミクスタでお待ちしております!

 

 

行きはよいよい、帰りはそのまま来た道を戻り、深夜のドライブへ・・・。

宿泊されて鹿児島ナイツを楽しまれていた方々がたまらなく羨ましかったですが、帰るまでが遠征ですので、しっかりと安全運転。

 

 

鴨池でお会いした方々、そしてそれぞれの場所で応援されていた方々、本当にお疲れ様でした!

また週末、ミクスタでお会いしましょう♪

≫ 続きを読む

2018/09/19    公式戦    kitakyunerds   |