MENU

活動ブログ  2019年07月

第3回スタジアム清掃活動『美クスタ』レポート

 

 

 

こんにちは、舟津です!

ギラフェスの翌日となる7/28(日)、第3回スタジアム清掃活動『美クスタ』を開催しました。

 

前日の熱気冷めやらぬ中、突き抜けるような晴天に恵まれたこの日のミクスタ。

暑い中ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございます!

14:00~15:00 第一部:清掃活動

15:00~16:00 ちょっと一息:日本施設協会様によるスタジアム使用事例の紹介

16:00~16:30 第二部:スタジアム見学ツアー

参加者の方々の声

 

14:00~14:50 第一部:清掃活動

今回は熱い応援で盛り上がった南サイドスタンド(ホームゴール裏)のお掃除へ!

椅子の下部分に落ちていたゴミを拾った後に、ちびっ子のホースでの放水後に座席部分の拭き掃除に移行。

 

各自で持参した使い古しのタオルや雑巾を使い、手すりや座席を吹き上げました。

今シーズンの好調を支え、熱い声援を包み込んでくれているミクスタ。

日頃の感謝を込めて汗を流しながらタオルを持つ手にも力が入ります。

時折、散水ホースから風に乗って飛んでくる水しぶきが非常に心地よかったです。

 

 

15:00~16:00 ちょっと一息:日本施設協会様によるスタジアム使用事例の紹介

気持ち良い汗をかいた後は、休憩もかねてミクスタの維持管理・運営を担当されている日本施設協会の金井様からミクスタの使用事例についてご紹介して頂きました。

 

 

ナイトヨガや映画のロケ、そして結婚式に至るまで、幅広く活用されているミクスタ。

9月29日にはミクスタでは初となる音楽イベント・阿蘇ロックフェスティバル、そして11月10日はなでしこジャパンの国際親善試合も開催されるなど、これから北九州市に留まらず全国からの注目を浴びるイベントで彩られるスタジアムへと進化を続けていくことでしょう!

16:00~16:30 第二部:スタジアム見学ツアー

いよいよお待ちかねのスタジアム見学ツアーへ!

今回も日本施設協会様のご厚意により、普段はなかなか見学できないところまで案内していただきました。

 

 

ツアー終了後は参加者の皆さまと共に記念写真。皆さま、本当にお疲れ様でした!

 

参加者の方々の声

参加者の皆さんからのご感想をご紹介させて頂きます!

 

 

 

 

 

 

 

重ねてにはなりますが、参加して頂いた皆さま、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

また、運営面でご協力頂いた日本施設協会様にも心より御礼を申し上げます。

 

さぁ、J2昇格に向けて勝負の後半戦がスタートしました。

皆さまの力で綺麗になったミクスタで、昇格圏内固めに向けて頑張って参りましょう!

 

記事執筆:舟津大喜(@NyamoHideo

≫ 続きを読む

2019/07/31    イベント    kitakyunerds   |   

J3第18節・vsカターレ富山

 

 

 

こんにちは!舟津です。

今年もこの季節がやってきました!

ギラヴァンツサマーフェスティバル、そう!『ギラフェス』です!

 

 

ミクスタを彩る夏の風物詩になりつつあるギラフェス。

いつも以上に入場を待ちわびる人々の列。浅野町緑地に立ち並ぶフレンドリータウンの出店や屋台など、この日ならではの光景がワクワク感を最大限に増幅させてくれてます。

この光景、お祭り感があって本当に大好きなんですよねぇ・・・。

 

ワクワク感が止まらないついでに、試合前から暴飲暴食の嵐。

久々にミクスタに来てくれたイブスキさんのソーセージ盛り合わせと、黒船さんの地鶏の炭火焼き、直方の焼きスパ、そして黒ラベル。

 

 

ンマーイ!(テーレッテレー

まさに至福の一時・・・。ちなみに焼きスパを2年連続食べてギラフェス連勝を成し遂げているので、ゲン担ぎで今年も美味しく頂きました。ナポリタン好きとしてはたまりません。

 

今年のギラフェスは、小倉祇園太鼓400周年を記念し、前面に小倉祇園太鼓像、背面にはギラフェス名物となりつつある打ち上げ花火の光景が堂々とデザインされたユニフォームが来場者全員に無料で配布されました。

 

試合前から熱く盛り上がった決起集会、そして選手バス待ちから大いに目立っていましたが、スタンドもユニフォームの黄色と差し色の黒で一色に!

 

 

 

この良い意味で『圧』を与えるスタンドからの後押しで、絶対に勝利を掴み取りたい!

「夏色えがおで1,2 Jump!!」

 

 

そんな圧倒的ホームの雰囲気の中で、迎え撃つ相手はカターレ富山。

シーズン序盤は昇格圏争いに名を連ねるものの、ここ数試合勝ち星を積み重ねられず9位と足踏み状態。

しかし前節はYS横浜を相手にホームで2-0と快勝。

昨年まで北九州の選手として共に闘った花井聖選手が中盤で攻撃のタクトをふるい、夏の移籍ウインドーでJ2新潟から期限付きで加入した伊藤優汰選手が右サイドから快足を活かしたドリブルでチャンスメイクを仕掛ける、非常にシャープかつリズミカルな攻撃が印象的なチームです。

 

立ち上がりは大声援の後押しを受け、前掛かりに攻める北九州。

しかし9分、富山の攻撃。

富山DF今瀬選手からのパスをMF前嶋選手がスルー。受けたMF白石選手一旦左に展開すると、先ほどスルーした前嶋選手が中央に走り込んで突破を図ります。ここで北九州の守備が引きつけられたところを、前嶋選手がゴール前へグラウンダーのクロス。中央で待ち構えていた富山MF伊藤選手に左足で流し込まれ、先制を許してしまいます。

 

今回で3回目の開催となったギラフェスで、初めて喫した失点。

ですがまだ序盤の序盤。例え先制されたとしても、その逆境を幾度と無く跳ね返して来た今年の北九州。

先制して勢いに乗る富山の攻撃を封じながら、逆襲の機会を待ちます。

 

そして迎えた32分。

最前線に突破を仕掛けたFWディサロ選手が富山DFダウベルマン選手のファールを誘い、FKを獲得。

DF新井選手が放ったキックはディサロ選手の頭へ糸を引くように伸び、ディサロ選手が豪快にゴール右隅に叩き込む!

 

 

ゴール!ゴール!!レレゴール!!!

ディサロ選手の今シーズン7ゴール目となる同点ゴールに、ミクスタは大歓声に包まれます!

 

何とか前半のうちにゲームを振り出しに戻し、勝負の後半へ。

これまで幾度となく後半に怒涛の攻撃を繰り出してきた北九州ですが、この日は一転、富山の猛攻を耐え凌ぐ展開に。

 

12,270人の大観衆が集ったミクスタでモチベーションが高揚し、溌溂なプレーを見せたのは富山の選手たちも同様だったのでしょう。

セットプレーやカウンターで勝ち越しのチャンスを伺い、北九州ゴールに襲い掛かります。

 

それでも最後の牙城となったのが、我らが守護神・GK高橋選手。

3度はあった決定機を抜群の反応で防いでくれました。

 

我慢に我慢を重ねれば、きっと流れは来る。必ず・・・。

そうした祈りにも似た感情が滲みだした最終盤に鳴り響いた、ピッチを四方から覆った手拍子の音。

 

「バン!バン!バン・・・」

 

自然発生的に巻き起こった盛大な後押しに呼応するように、最後の力を振り絞って北九州の選手たちは走り続けてくれました。

 

しかし、あと一歩及ばずタイムアップ・・・。

ギラフェスでは初めてとなるドローに終わりましたが、北九州と富山、両チームが激しく互いのストロングポイントを遺憾なく発揮した好ゲームとなりました。

 

 

挨拶に来た選手たちの表情は悔しさを滲ませていたものの、一様に「ここが踏ん張り時」と次節以降へ向けて切り替えて臨む表情にも見受けられました。

思うような結果が出ない現状から逃げず、必死にもがいている。僕らは信じて応援することしか出来ない。

 

再び乗る波はやって来るはず。もう一度踏ん張って、私も後押しを頑張りたいと思います!

この日お会いした方々、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 

 

次回のブログでは、ギラフェス翌日に行われたスタジアム清掃活動『美クスタ』のリポートをさせて頂きます!

 

記事執筆:舟津大喜(@NyamoHideo

≫ 続きを読む

2019/07/30    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第17節・vsヴァンラーレ八戸

 

 

 

こんばんは!

副代表の柴住さんが見事な減量に成功しているのと反比例し、幾分増量気味な代表の舟津です。

この八戸戦後の飲み会の写真(後述)を見返して「いい加減やばいな・・・」と思ったので、まずは歩くことから始めようと思います(いつまで続くかなん?)。

 

前節、セレッソ大阪U-23に逆転負けを喫してから迎えたホームでの一戦。

悔しさを募らせながらハンドルを握り、なぜか東に進んで沼津まで足を延ばしたりしましたが、とても良いリフレッシュとなりました。付き合ってくれた友人各位には感謝です(さすがに帰ってからは即寝でしたが・・・)。

 

 

 

と、それはさておき。

この日迎えたヴァンラーレ八戸は今シーズンよりJリーグに参入して来た新興チーム。

とは言え、迫力のある攻撃で前節は讃岐相手に5得点をマークする等、J3という舞台に於いて旋風を巻き起こしています。

 

 

中でも青森山田高校で日本代表MF柴崎選手と同期のMF三田選手、米子北高校で日本代表DF昌子選手と同期のFW谷尾選手のホットラインは脅威的。谷尾選手が見せる前線での強靭なキープから、三田選手がワイドに展開するポイントは十分に注意したいところ。 ベンチにはJ2での経験も豊富なFW上形選手も控えており、八戸が誇る攻撃陣をいかに封じるかが鍵となると言えます。

 

試合前に景気づけに駆け付け一杯!!

ミクスタで飲むビールって何でこんなに美味しいんですかねぇ♪

 

 

台風5号の接近により、一時は試合開催も危ぶまれた状態とはなりましたが、何とか強風が収まったタイミングで迎えたキックオフ。

 

時折強まる雨脚に苦戦しながらも、北九州と八戸、両軍魂のこもったゲームを展開。

 

谷尾選手にボールを預け、シンプルにはたいて両ワイドが前線へ駆け上がる攻撃を八戸が見せれば、対する北九州もMF藤原選手と川上選手の両ボランチが激しい球際でのアプローチを見せ、中盤で刈ったボールを丁寧にビルドアップ。DF寺岡選手と岡村選手の気迫のこもったディフェンスも非常に効いていました。

 

雨粒を弾き飛ばすような、お互いに持ち味を前面に出し続ける好ゲームの様相。

 

ゲームが動いたのは53分。

DF新井選手のCKからの展開。八戸DF小牧選手がクリアしたボールは池元選手の元へ。トラップした刹那、右足を豪快に振りぬいてシュート!

 

 

ゴール!ゴール!!ゴール!!!

頼れるエース・池元選手の今シーズン3ゴール目でついに均衡が破られます!

 

その後も決定機。MF新垣選手からのスルーパスから、FWディサロ選手が八戸GK山田選手と1対1の決定機を迎えるも、仕留める事が出来ず・・・。改めてこのシーンを見返してみると、山田選手のポジショニングが絶妙で、ゴール裏からの視点よりもシュートコースが意外と限定されていたのかなと。とは言えディサロ選手本人は悔しかったでしょう・・・。

 

絶好の得点機を逃した北九州は、殊勲の池元選手をゴールに飢える若武者・FW佐藤選手を投入するも、なかなか追加点を奪えず。

 

そして迎えた90分。

左サイドから八戸に突破を許すと、中央で受けた八戸MF中村選手が放ったシュートが途中出場のFW上形選手に当たってコースが変わり、GK高橋選手が僅かに反応して腕を伸ばすも空しく、ボールはゴールマウスへ。最終盤に痛恨の同点ゴールを許してしまいます。

 

残された時間、ATは4分。

DF陣も前線に攻め上がって勝ち越しを目指しますが、あと一歩及ばず。

 

勝ち点『2』がすり抜けていった形とはなりますが、勝ち点『1』が取れたのも事実。

連敗しなかった事で、順位こそ3位に後退したものの、首位・熊本が翌日の福島戦で敗れた為に熊本の勝ち点差は『3』、つまり1ゲームに縮まったのです。

 

勝利目前でドローに終わった事は確かに悔しい・・・ですが、小林監督の言葉を借りれば、こうして『刺激のある』戦いがシーズン通じて出来ているのはチームとしての底上げに確実に繋がって行く事でしょう。

 

言い換えれば今の状況は、さらに上へ、次のステップへ進む為の『成長痛』みたいなもんじゃないでしょうか。

 

 

監督・選手・スタッフ、現場の面々は我々以上に悔しさを抱えたはず。

その悔しさは必ずや週末のギラフェスで晴らし、ミクスタを最高の笑顔で包んでくれるはずです。

 

私たちも信じて週末を待ち、ギラフェスという最高のお祭りを楽しみましょう!!

 

 

さて、とは言うもののやはり悶々とした悔しさは消えず・・・。

「この悔しさは酒で流し込むしかないッ!」と、今回はギラヴァンツサポートショップの『黒船魚町店』さんへ。

 

 

 

キンキンに冷えたビールと珠玉の一品一品が私たちを癒してくれました。

串に刺身に牛すじ煮込みに、美味かったなぁ・・・。

そして、時折外から聞こえて来る小倉祇園太鼓の音色もまた一興。

今日の試合について、前半戦の想い出について、そしてこれからの展望について。飲みに飲んで語りに語ってあっという間の宴でした。

 

黒船魚町店さんのギラヴァンツホームゲーム当日のサービス内容は、

ファンクラブ会員証または試合の半券を提示で「ファーストドリンクサービス(※生ビール、ハイボール、サワー、ソフトドリンクに限ります)」です。

ギラヴァンツのホームゲーム観戦後は、ぜひ皆さんも黒船魚町店へ♪

 

〆は資さんにて丸天うどん。

ラーメンも良いですが酔った後にはうどんの出汁がすこぶる美味く感じます。

 

 

やはりユニフォームを着て街を歩くと「あっ、ギラヴァンツや!」みたいな感じで反応がダイレクトに返って来るので嬉しくなっちゃいますね。

 

そして、ギラフェスの翌日はスタジアム清掃活動『美クスタ』も開催されます。

ギラフェスの熱狂を包み込んでくれた舞台・ミクスタに日頃からの感謝を込めて、ミクスタを綺麗にしませんか?

 

 

当日は私たちKITAKYU NERDSも参加します!

お申し込みはこちら(ミクスタ公式HP)まで。まだまだ参加して頂ける方を募集中との事ですよー!

 

それでは、また週末。ミクスタでお会いしましょう!

 

記事執筆:舟津大喜(@NyamoHideo

≫ 続きを読む

2019/07/23    公式戦    kitakyunerds   |