MENU

活動ブログ  2019年08月

J3第20節・vsガンバ大阪U-23

 

 

暑く苦しい中から生まれた希望と光

 

こんにちは!坂廻です。

 

この1ヶ月白星から遠ざかっている我らがギラヴァンツ、その影響か仕事へのモチベーションが上がらない…

そんな日々を過ごされていた方も私を含めて結構いらっしゃったのではないかと思います。

19節終了時点でギラヴァンツは4位。

1ヶ月以上白星から遠ざかっている状況でこの位置なのは勝ち点1を拾えていた事、あと上位キラーの福島ユナイテッドさんのお陰だと思います。

 

サマーブレイク前のガンバ大阪U-23戦、上位キープの為には勝ち点3がどうしても欲しい!

そしてお盆休みを楽しい休みにしたいので絶対勝って欲しい!

 

 

 

この日も猛暑日でミクスタ到着の午後2時前で33℃を軽く越えます(;つД`)

今年の夏も常に意識して水分、塩分を摂らないとすぐに熱中症になってしまいます。

幕入り、幕張りの時に日なたで37℃を越えました…

ナイター開催でホントに良かったですね…

 

入場後すぐにかき氷を購入。

ホントに旨かった…生き返りますね。

 

 

 

今回はこの悪い流れを変えるべく、NERDSメンバーが集まるエリアではなく僕は反対側で応援します。

「俺の旗振りを見てくれ!」と言う熱い男・原田のリクエストもありましたけど(笑)

この席からの応援は去年の雨の富山戦以来で、川上竜のゴールが今も脳裏に刺激的に残っています。

 

 

 

ミクスタ名物・応援グッズ無料貸出『新波軒』での活動中の温度で30℃。夕方でもまだまだ暑い(;つД`)

 

 

 

ギラヴァンツのスタメンも流れを変える為なのか、福森、河野、大地、弘堅をスタメン起用。

そして前節に続き、NERDS代表・舟津氏推しの紀藤がベンチに。

フレッシュな選手達の活躍でこの悪い流れを変えてくれることに期待したい!

 

 

さぁ試合開始です!

若くて個人の力を惜しまずに出してくるガンバU-23に対して冷静に組織サッカーで対応する形でスタートします。

しかし9分、ゴリゴリ波状的に中に入ってくるガンバの攻撃陣に耐えきれずDFのこぼれ玉を冷静に流し込みガンバが先制。

早い時間の失点は去年の嫌な記憶を呼び起こします…

修正しきれずバタバタしてまた失点を重ねるのではないか…

しかし今年は違うんだ!というゴール裏の熱い思いが僕のネガティブな心を打ち消してくれます!

今年は違う。絶対にここから盛り返すんだ。

その皆の思いがチャントとしてゴール裏から選手の背中を押します!

 

ここからギラヴァンツがガンバに襲いかかります。

高いプレスからのサイド攻撃だけではなくボランチの位置の弘堅から質の良い縦パスがチャンスを作ります!

明らかに流れを変えようとしている。全力で勝ちをもぎ取ろうとしている選手達にサポーターも全力で応援します!

そして…前半も終わりに近づいた時…

『23』の文字が交代ボードに…

ゴール裏から「紀藤だ!」「ついに来たぞ!」という声が上がります。

そうです、プロ入り以来怪我で泣かされ続けた男・紀藤隆翔がついにJ公式戦のピッチに立ちました!

僕は紀藤のプレーの詳細は存じていなかった(NERDS代表・舟津氏から少し聞いたことがある程度)ので紀藤のプレーに注目していました。

 

ギラヴァンツの怒濤の攻めにガンバが耐え抜く展開で前半は0-1で終了。

ハーフタイムでのゴール裏は絶対に勝たせるという熱気が溢れ、汗もダラダラ落ちてきます。

少なくとも僕の周りの人達は決して諦めていませんでした。

 

61分にディサロから町野へ交代、これから更にギラヴァンツの猛攻が始まります。

ディサロが投入された途端に空気がガラッと変わるのと同じ現象が町野でも起こりました。

これはホントに大きい…

町野へボールが集まりそれに伴ないチャンスも更に増えていきます。

 

しかしながら一瞬の隙を突かれます。

1点目と同じくガンバの16歳・唐山からの起点で、グラウンダーのミドルがゴール隅に…

「完全にやられた…今日も勝てないのか…」

 

5,138人の観客のほとんどがそう思った…その時でした。

ん?でも何か変だぞ?

選手たちが1ヶ所に集まる…

給水タイムか何かとも思いましたがどうも違う。

何とその前にハンドがあってゴールが取り消しに!

助かった…命拾いした…

安堵の雰囲気がスタジアムを覆います…

 

正直ツイてました。

新しいハンド基準が採用されたのかは微妙ですが、ホントにラッキーだったと思います。

運も味方にしたギラヴァンツに待望のゴールが…

 

73分、國分のコーナーから河野がヘッドで合わせてゴール隅に!

河野のJ初ゴールで同点!

 

 

寺岡、河野のビックタワーが機能した素晴らしいゴールです!

スタジアムが一気に湧きました!

これはイケる。逆転できる勝てる試合だ…

 

その後、またハンド基準の変更絡みのプレーが起きます。

ガンバ中村が放ったシュートが福森の肘下に当たりましたがプレー続行。

それにガンバベンチが猛抗議。

これまた新しいルール採用で監督がイエローカード、コーチがレッドカード退場。

一時スタジアムに不穏な空気が流れましたが、それも含めてプロスポーツであり、野球でもサッカーでも関係なく起こる自然発生的な現象だと思います。

 

この一連のプレーをきっかけに選手、サポーターが一丸となってガンバゴールに襲いかかります!

 

そして86分、待ちに待った時が訪れます!

藤原の絶妙なラストパスから町野が技ありキーパー股抜きシュート!逆転ゴール!

 

 

スタンド総立ち、熱狂がミクスタを支配します!

町野がついにストライカーとしての嗅覚を手に入れたと感じさせる見事なゴールでした!

 

その後素晴らしい運動量で守備に貢献した福森に変わってギラヴァンツの元気印、我らの新井投入。

きっちり試合を締めに入ります。

 

しかし、アディショナルタイム前から池元の足が止まってしまい…

弘堅が足削られますがノーファール。しかし、歩くのがやっと…

交代枠は使い果たした…

まさに死闘、勝つという意地のみでピッチに立っている2人を見て涙が…

 

悪い流れを変えるのがこんなに苦しいのか…

 

「この世でただひとつ」

を歌いながらでも、アディショナルタイム5分がとてつもなく長く感じる…

 

アディショナルタイム6分手前でボールカットできた瞬間に試合終了!

 

「勝った!勝ったぞ!」

皆が1ヶ月以上待った勝ち点3です!

 

 

 

勝利の瞬間のゴール裏の歓喜の空気は今でも鳥肌が立ちます。

 

紀藤のJ初出場、スピードと足元の巧さは即戦力!正直驚きました。

河野の同点J初ゴール!寺岡とのツインタワーは相手チームの脅威となるのは間違いないでしょう。

そして逆転弾を放った町野!

もうギラヴァンツに完全移籍して~!ギラヴァンツに絶対必要な存在になりました!

 

  

 

この苦しい試合の中から生まれた強く輝く希望と光…

 

4人スタメンを入れ替えてこんなドラマチックな試合を作り上げる小林監督の手腕、それに応える選手達。

ホントに凄い試合でした!

 

 

 

これで僕も晴れやかな気持ちで盆休みを過ごせます♪

今まで見たくなかったDAZNを何度も見てやろうと思ってます(笑)

 

試合後はメンバーで30歩横丁へ♪

1ヶ月ぶりの勝ち点3で飲む酒は最高の一言!

今まで溜まっていたものをアルコールで洗浄しました(о´∀`о)

 

 

 

さて…順位の方ですが…

福島ユナイテッドさんが藤枝を撃破!

福島ユナイテッドさん…ホントにありがとうございます…

 

 

順位に変更はありませんが、首位から4位まで1試合でひっくり返る戦国状態でサマーブレイク突入です!

 

このワクワクドキドキは9月も続きます。

気を抜けばヤラれる。隙を突ければ一気に昇格へ…

 

この試合で得た物は必ずサマーブレイク明けに爆発してくれると信じたい!

 

昇格への一筋の光、皆の力で強く太くしましょう♪

もろびとこぞりてミクスタへ♪

 

ふと気づいたことが…

僕がブログ書くとこれで3戦3勝なんですよね…

次は重要な試合の時に書かせてもらいます(笑)

 

記事執筆:坂廻真人(@8810Mar

≫ 続きを読む

2019/08/15    公式戦    kitakyunerds   |