MENU

活動ブログ  2019年11月

J3第32節・vsカマタマーレ讃岐

 

 

みんなで叶える昇格物語、完結

こんにちは、坂廻です。

首位独走のギラヴァンツ北九州。

31節終了時点で2位藤枝との勝ち点差は5。

 

32節は前日に藤枝が勝利した為に、讃岐戦で優勝の可能性は無くなったものの、勝利すれば文句なしの昇格が決まります。

 

数日前から24日の北九州地方の天気予報は雨予報…当日も朝までは小雨が降っていました。

しかしながら幕搬入時間には雨は止み晴れ間も…多くの人の祈りが通じたのでしょうね。

 

 

この日のミクスタには多くの報道陣が来ていて、いつもと違う雰囲気に僕達サポーターにも少しピリピリした空気が…

 

昇格のかかった試合なのでホームゴール裏、2階はビッシリ。バクスタ、A席にも多くの人が…

ゴール裏も今シーズン最高の雰囲気に包まれていました。

 

 

 

 

 

ゴール裏のあちこちで「今日絶対勝って昇格させる…」

「今日勝って最高の景色を見よう…」という声が。

前年最下位のチームがついにここまで…誰が予想できましたか?

去年の富山戦勝利後に僕が「このチームはJ3の下位にいるチームじゃないんだよ!」と叫んだ後に周りから失笑の声が聞こえた事を思い出し、熱いものが込み上げてきました。

 

さぁ、いよいよ昇格を賭けた一戦です!

試合前に、NERDSメンバーで円陣を組み、気合も十分!

 

 

昇格がプレッシャーになって選手達の動きが固くなるのではないかと思っていましたが、そんな不安は微塵も感じさせない完璧なものでした。

 

選手達の動きと統制、高い位置でのプレスに得点意識、どれをとっても完璧で、今シーズン通してもベストパフォーマンスだと感じました。

昨シーズンまでJ2だった讃岐にまともに仕事をさせません。

そして13分、待望の先制点が…藤原のプレスからボールを奪い池元へ、数的優位から町野へ!一対一から冷静に右隅に!

熊本戦、群馬戦と決定機を逃してきた鬱憤を晴らす一撃!ゴール裏も大興奮!町野チャントがミクスタに響きます!

その後もピッチ上を支配し続けるギラヴァンツに讃岐がファールで凌ぐ展開で前半を終えます。

 

 

これはイケるぞ…

油断ではなく確信だ…

ゴール裏にそんな空気が流れます。

 

後半は讃岐がシステムを変更して打開策を模索していたようですが、そんなこと気づかない位にギラヴァンツが攻め続けます。

そして64分、大悟のクロスから町野が倒されPK獲得!

今までだったら逆に町野がファール取られていた可能性もありましたが、審判がファールで凌ぎ続けた讃岐に対してのイメージも影響したと思います。

町野が不服な顔しながらも池元にボールを渡す…

池元なら絶対に決める。ゴール裏も全力で後押しします!

フェイントを入れながら冷静に流し込み追加点!

イケがゴール裏を煽ります!俺達もそれに応えます!今シーズン最高のゴール裏のボルテージ!

 

 

69分に池元から北川に交代します。池元へミクスタ全体から拍手…

北川は途中出場で5ゴール獲っていますが全てアウェーでの得点なのでミクスタで北川のゴールが見たい!

交代から僅か3分後にこの男が魅せます!

72分、野口からのクロスに北川が合わせてゴール!

アウェーゴールのみの縛りから解放された北川がそのまた2分後!

大悟から野口のクロスから合わせてコロコロゴール!

北川の凄いと思うところは、そこにいる能力の高さとゴールを決める直前まで雰囲気を全く出さない事だと思います。化け物ですよ。彼は。

これで今期最高得点の4点目です。

 

 

その後、讃岐を掻き回し続けた大悟に替わって新垣。

國分に替わって生駒が投入されシステムも5バックにして4-0のクリーンシートを狙います。

リーグ最小失点の鉄壁ギラヴァンツの5バック…点を取られる気さえ起きませんでした。

そんな中でも北川は貪欲にゴールを狙い続け、高橋拓也もファインセーブでチームを鼓舞します!

そしてアディショナルタイムに入り「この世でただひとつ」の大合唱…

みんな泣きながら歌っています…3年待ちました。去年最下位でした。ゴール裏もいろんな事がありました…

もう少しで報われるんだ…

そして歓喜の時が!

ゴール裏が揺れました…笑顔と感涙が溢れる最高の時間です!

 

昇格セレモニー最高でしたねぇ♪もうピッチ上もゴール裏も幸せそのものでした。

今回は昇格幕『みんなで叶える昇格物語』は掲載しませんでした。

もし昇格が決まったら、選手達と一緒にピッチ上で掲げて貰おうとチームスタッフと事前に話をしていました。

る→たを貼り付けて「みんなで叶えた昇格物語」にしました。うちのメンバーの原田がこの貼り付ける一文字の為に何度も書いては捨ててを繰り返して出来上がった魂の「た」です。

 

 

 

 

 

あの舞台に戻れる…それもミクスタで!

降格からの3年間、チームも我々サポーターも苦しく辛い時期を共に過ごしました。

そんな中で新社長就任から小林監督就任で流れが変わり、チームは大躍進を遂げました。

それと同調してゴール裏も変わっていき過去を振り返っても最高のゴール裏になったと思います。

 

 

 

さぁ、いつもの三十歩横丁「魚衛門」での昇格祝勝会です!

今回の乾杯は三十歩横丁の皆さんとしたかったので音頭を取らせて頂きました!

「昇格おめでとう!乾杯!」

その後の北九州コール最高でした!

この北九州の街にスポーツの力があることの証明だと感じました。

来年はJ2です!

アビスパとの福岡ダービー復活です!互いのプライドをかけて戦える。それもミクスタで…

まずは昇格は決めました。

次節ホーム鳥取戦はギラヴァンツ北九州として初めてのシャーレを賭けた戦いです。

 

「もろびとこぞりてミクスタへ」

皆の力で王者としての証を勝ち取りましょう!

「みんなで叶える昇格物語」

完結!

 

 

P.S. 今シーズンのブログ担当勝率100%のジンクスが成立できて安堵してますw

 

記事執筆:坂廻真人(@8810Mar

≫ 続きを読む

2019/11/30    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第29節・vsブラウブリッツ秋田

 

 

 

どうも、一匹狼な大旗振り。

原田です。

 

1ヶ月半、日本中・・・いや世界中を熱狂させたラグビーW杯日本大会は、南アフリカ代表・スプリングボクスが栄光を収め幕を下ろしました。

 

 

日本代表・ブレイブブロッサムズの大活躍に心震え、最高の刺激を貰った自分です。

 

北九州でキャンプを行ったウェールズ代表・レッドドラゴンズも今大会ベスト4。この北九州もウェールズフィーバーで盛り上がりました。

 

そんな余韻が残りますが・・・しかーし!ミクスタはますます熱を帯びております。

 

残り試合も少なくなりクライマックスが近づく2019シーズン。チームは現在首位。しかし傲る事なく、前へ向いて挑み続けるのみ。

 

天候は曇りでしたが、雨はなし。

ですが、次第に季節は秋から冬へ進んでいるなと思いました。

 

 

11月はまさに正念場。

その初戦の相手。ブラウブリッツ秋田。

今季はアウェイではドロー。

しかし、この秋田戦・・・今まで勝ててません。通算成績1分4敗。

しかも、2017年の開幕以来点を決めていないという相性の悪い相手です。

 

シンプルかつアグレッシブな攻撃を持ち味とする秋田にどう挑むのか。

では、試合を振り返りましょう。

 

前半は序盤から目まぐるしく動きます。

開始早々、秋田はパスを繋いで最後はMF久富選手がシュートをしますが、GK高橋選手がセーブ。

その後、北九州もクロスを髙橋大悟選手がヘッドで折り返し、加藤選手がミドルシュートを打ちますがかつて北九州にも所属していた秋田GK松本選手がファインセーブ。

 

一進一退の攻防、途中あわやオウンゴールの危機もありながらも、少しずつペースを掴みます。

 

そして迎えた16分。

MF藤原選手のインターセプトからの流れ。相手のバックパスがGKに渡り、町野選手が距離を詰め相手のパスミスを誘発。

相手DFもボールを奪えず、跳ね返ったかのように町野選手にボールが回ります。

最後はGKとの1vs1をしっかりと制しゴール!北九州が先制!

町野選手は2試合連続ゴールで今季6点目。ここぞという時に決めてくれる。それが町野修斗という漢です!

 

 

その後は、高い位置からボールを奪いチャンスメイク。19分には髙橋大悟選手がミドルを打ちますが僅かに上。30分にはクロスを町野選手がヘッドで合わせますが惜しくもポスト直撃。

北九州は41分に寺岡選手がアクシデントで途中交代し岡村選手が入ります。その岡村選手がチームの組織守備をしっかりとまとめ上げ、付け入る隙を与えません。前半は1点リードで折り返します。

 

そして迎えた後半開始早々の48分。

CKから、髙橋大悟選手のクロスを河野選手が打点の高いヘディングシュートがゴールを揺らし追加点!

河野選手は、ホームでのG大阪U-23戦以来の今季2得点目。河野選手の持ち味でもある『高さ』から生まれたゴールでした!

 

 

53分、負けじと秋田もボールを掻っ攫うと沖野選手がシュートを打ちますがポスト直撃。

 

その後は、押し込まれる時間帯もありましたが、持ち前の堅守で1点も与えず、歓喜のホイッスル!

 

2-0で秋田に初勝利!

今季3度目の4連勝を飾りました!

 

 

 

守りの要・寺岡選手が前半の終盤に交代するというアクシデントがあったものの、決して動じる事なく、逆に岡村選手がチームをしっかりまとめ上げ相手に隙を与えなかったのが大きかったです。

何よりもルーキー・河野選手の大活躍!

献身的な守備、そして後半開始早々の決勝ゴール!持ち味が改めて出た試合になったと思います。

 

 

試合後は、仲間とラーメンをキメた後・・・。

一人で祝勝角ハイをキメました。

勝利の美酒と美味は最高。

余韻に浸りつつ、次の試合に気を引き締める自分でした。

 

 

さて、次節・・・。

 

皆さん、忘れてませんよね。

6.2の悔しい敗戦。

 

そのリベンジを果たす時が来ました。

九州決戦・ロアッソ熊本戦。

 

舞台は熊本・水前寺。

アウェイスタンドをギラヴァンツイエローに染めましょう!!

 

厳しい戦いが続きます。

最後まで、挑み続けましょう!

 

では、熊本・水前寺にてお会いしましょう!

 

記事執筆:原田啓夢(@HRD_GVK12

≫ 続きを読む

2019/11/07    公式戦    kitakyunerds   |