MENU

活動ブログ  2019年4月6日

J3第4節・vsSC相模原

 

 

 

はじめまして、KITAKYU NERDSの井手です。

よくDAZNとかに抜かれてるニット帽の人です。

 

鳥取、大阪とアウェー連戦も勝ち、開幕3連勝と最高のスタートを切った我がギラヴァンツ北九州。

すべて楽な試合じゃ無かったけど、それでも勝ってるのはチームの底力が上がったんだなと実感しました。

なにげにこの3連勝すべて現地観戦してます。

サポーターのほとんどがどう喜んでいいのかわからない状態で周りの空気もいい流れが来てる感じがヒシヒシとする、そんな開幕戦以来のホームでの第4節・SC相模原戦。

 

 

おとといまでの陽気さは何処へやら?というぐらいに寒かった。

気温以上に風の影響で体感温度は低かった。

空模様も曇りで、雨が降らないだけマシって感じです。 笑

 

いつものごとく幕張りをする。

 

 

この幕張りのときのほとんど人がいない「準備をしてるんだ」って感覚がなにげに好きだったりします。

 

開門してスタグル食べたり、入待ち遅れて参加できなかったり、アップのシュート練習のボールが顔に当たったりとしてたら試合開始の時間に

 

 

なんとなくのノリでゲーフラ作りました。

模造紙で作ったんで使い捨てなんですが100円均一ですべて揃えても500円もかからず制作時間も1時間もかかりませんでした。 笑

ちなみに元ネタはこれです。

 

 

で、試合の方なんですが・・・。

以下個人的な見解とか感想とか

 

SC相模原のエース、ジョン・ガブリエル、昨シーズン17得点と相模原の絶対的エース、前節PKとはいえ今季初得点をあげ、恐い存在なのは間違いないです。

長身で渾身的で身体も強い、J3では間違いなくトップレベルのストライカー。

ジョン・ガブリエルをどのように抑えるのかが勝負の分かれ目だと思ってました。

スタメンも前節の感覚から國分選手のスタートは予想できました。

 

試合開始し序盤の主導権は若干握った感じはし、池元選手が再三ゴールを狙うも得点にならず耐える展開が続く中、前半27分國分のCKからの低いクロスをニアに走りこんだ加藤選手のヘッドが相手GKの手に当たるもゴールネットを揺らす、先制のゴール!

 

 

ゴール裏では「何がおきた?なんか点が入ったみたい」「誰が決めた?」と歓喜の混乱が起きてました。笑

それからは互いに攻めきれず、守りきりと耐える展開のまま前半終了。

当たり前なんだけどもう1点取ってると楽になるだけどなぁと。

ジョン・ガブリエルはやっぱり恐いです。

 

後半は相も変わらず、ひたすら耐える展開。

途中出場の新垣選手のドリブルからの惜しいシュート、町野選手のがむしゃらに攻める姿勢もあったものの相模原が攻め込む時間が続きます。

再三のピンチもGK高橋選手とDF陣が踏ん張ってくれるも持つわけがなく、後半41分に相模原、梅井選手のロングスローから警戒しなければいけないジョン・ガブリエル選手のバックヘッドで同点に・・・。

マークに付いてた寺岡選手、競ろうとした町野選手もGK高橋選手もこれはノーチャンなゴール。

ジョン選手の高さと身体の強さを見せつけた得点でしたね。

同点になった時に「連勝はいつか止まる、たぶんこのままドローで終わるんだろう」と思ってました。

 

正直、自分も周りも【負ける】という気持ちはなかった。

それは今のチーム状況作る雰囲気的なものだと思ったから。

そんな落ち込みかけた矢先、加藤選手からの浮いた縦パスから途中出場の佐藤選手が相手DFを抜け出してから芸術的なループシュートが決まり勝ち越し!

 

 

あのゴールはまるでふわりと時間がゆっくりと流れるかのようにゴールに入り、ネットを揺らし、スタジアムが一気に沸き立つ、スタジアムが一体になる瞬間、それはもうなんとも言えない気持ちの高まりを感じる最高の瞬間でした。

その後はJ初出場となる生駒選手を投入しピンチを集中して切り抜け、スタジアムが一体となり歌う「この世にただ1つ」が響く中、試合終了の笛が鳴る。

また、最高の瞬間が来る。

あぁ、この瞬間、この時が最高すぎる・・・。

スタジアムに足を運んでくれた約五千人近くの人(それ以上いるように見えたけど)たちとの歓喜の輪が最高の雰囲気を作ってくれた賜物だと思ってます。

 

昨年までならこんな展開で落とした試合が多かったけど今年はこんな展開でも勝ちを拾える強いチームになってるんだと確信になる試合、SC相模原のジョン選手を軸とした連動性の高い攻撃的なサッカーに勝ったのは殴り合いリーグ(僕個人的の感想)のJ3では大きいかと思ってます。

 

 

四連勝でホントの単独首位に!

指の爪ぐらいは抜けた感じかな?

 

 

試合終了後の勝利のジャンプ・・・の前の新井選手の謎の踊りももっと見れるようになりたいなぁ 笑

 

 

それと勝ち越しゴールの佐藤選手、美声をありがとうございます 笑

 

 

この試合、決勝点を決めた佐藤選手も1G1Aの加藤選手も好セーブ連発の高橋選手も必死に跳ね返した両CBもみんながMVP級の活躍があったから勝てた試合だと思ってます。

 

 

試合が終わり後片付けをし、小倉駅周辺に新しくできた【駅から三十歩横丁】で祝杯。 お酒飲めない組はラーメンで祝杯。

横丁でも多くのサポーターたちと喜びあいました。

 

 

そしてその後に本日最大のサプライズが・・・。

 

 

2012年シーズンにギラヴァンツに所属していたキローラン木鈴(鈴鹿アンリミテッド)に再会しました。

キローラン選手が所属してる鈴鹿アンリミテッドはこの日大分での試合だったとのことでほんとに偶然とはいえ懐かしい再会に感動しました。

 

 

その後は温泉施設により疲れを癒して帰宅。

 

 

次の試合は明日、アウェー富山戦。

クラブ新記録となる5連勝をかけての試合。

通算成績6勝6敗2分とイーブンな富山に勝ってホームで6連勝と決めたいですね!

とりあえず昨年までうちに所属していた花井選手に恩返し打をもらわないよう願ってます。笑

 

記事執筆:ピカデオン(@pikadeon22

≫ 続きを読む

2019/04/06    公式戦    kitakyunerds   |