MENU

活動ブログ

キタキューナーズの活動を記して参ります。

J3第18節・vsY.S.C.C.横浜(後編)

 

 

 

どうも、原田です!

 

今回の旅は1泊2日。

2日目は、この切符を使った気ままに旅です!

 

 

東京フリーきっぷ。

都営地下鉄・東京メトロ・JR(東京圏)・都電・都営バスがこれ一枚で乗り放題という凄すぎる切符です。

 

 

まずは丸ノ内線で東京駅へ。

向かう先は皇居。

 

 

駅からはそんなに遠くはない所でしたね。晴れという事で、緑が綺麗でした。

皇居には無料で入れますが、手荷物検査があります。皇居ということもありいろいろと厳重でした・・・。

 

皇居を後にし、向かったのは東京メトロ東西線大手町駅。そこから電車に乗って葛西駅へ。改札を抜けてすぐそばにあったのは・・・。

 

 

地下鉄博物館!

東京の地下鉄の歴史や、貴重な資料などがあります。

 

 

 

こんな感じで入場券を切ってくれます。

自分の中では至福のひと時でしたね。

オススメの場所なので是非行ってみてください!

 

地下鉄博物館を後にして、バタバタと向かった次の目的地は浅草!

これまで何回か東京には来たことがあるのですが、この浅草はなかなか行けなかった所です。

 

古き良き人情の街。

駅降りて少し歩くと雷門がお出迎え。

 

 

雷門を抜けると露店がビッシリ!

そして人もズラリと並んでいました。

その先にあったのは浅草寺。

そこでお守りを買いました。

 

 

 

「心願成就」のお守り!

心から願うのはもちろん「必勝!ギラヴァンツ!」です!

 

次に東武鉄道に乗って向かった先は、スカイツリー!

 

 

 

あまりの高さに驚きました・・・!

テレビで見た以上の高さでしたね。

 

そして最後は渋谷へ。

実は渋谷へ降りたのもこれが初めて。

 

 

 

 

スクランブル交差点。

物凄い人混みで歩くのにも一苦労。

流されそうでした・・・。

 

最後は、帰りの飛行機が遅延で遅れたものの無事に福岡へ帰り着きました。

 

さて、今回は往復飛行機でしたが、主に電車移動が多かった遠征旅でした。

自走と比較するとお金はかかりますが、より色んな所を回ることができるという良い点があります。

 

それが、自分が考える電車旅の強みだと思います。

 

拙い文章ですが、これを見て「今回の遠征は電車で行ってみようか」と思ってくだされば幸いです。

 

前後編に渡った、横浜・東京電車旅。

お付き合いいただきありがとうございました!

≫ 続きを読む

2018/08/01    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第18節・vsY.S.C.C.横浜(前編)

 

 

 

どうも、原田です!

今回の横浜遠征は、自分にとって今季初のアウェイ遠征となりました!

 

今回は自分の大好きな『電車旅』です。

ちょっぴりお金はかかりますが、それ以上にいろんなところへ行けると言うのが強みです。

 

8:55 福岡発
10:55 成田着
15:00 三ツ沢着
21:00 上野着

 

8:55 福岡発

 

まずは福岡空港からPeachに乗り、成田空港へ。

「羽田じゃないの?」と思われると思いますが、一つ目的があるので今回は成田へ。

 

10:55 成田着

 

成田空港に到着。

荷物を回収し、向かう先は成田空港第1ターミナル駅。そこで待っていたのは・・・。

成田エクスプレス!

子供の頃から好きだった電車に乗ることがこの旅の最初の目的。

最初はこれに乗って新宿へ。

 

 

 

新宿到着後、東海道本線に乗り換え横浜へ。

到着後、みなとみらい線に乗って元町横浜・中華街へ。ここでお昼ご飯です!

 

刀削麺の担々麺をいただきました!

結構辛かったですね・・・。

猛暑も相まって汗が止まらない・・・ですが、試合に向けての英気は養うことができました。

普通の麺とは違う食感で美味しかったです♪

 

15:00 三ツ沢着

 

その後は、横浜へ戻りバスで今回の戦いの舞台、ニッパツ三ツ沢球技場へ。

 

 

かなり日差しは強かったのですが、所々で涼しい風が吹いていました。

 

今回の相手はY.S.C.C.横浜。

わずか1ヶ月前の対戦では惜敗しています。狙うはリベンジ!

 

では、試合を振り返ります。

 

前半から早くも攻勢に出たい北九州は10分。左サイドからボールを繋ぎクロス。そのボールを池元選手がシュートしますがブロック。そのこぼれ球をダヴィ選手が押し込みにいきますが、ミートせずキーパー正面に。

 

37分、再び左サイドから池元選手のパスを受けたMF井上選手がシュートするも枠の外。

 

39分にはDF野口選手の右サイドからのクロスをダヴィ選手がヘッドで合わせますがキーパーに弾かれゴールならず。

 

さらに42分には安藤選手が相手のパスミスから一気にドリブルで持ち上がってシュートを打ちますが惜しくも枠の外。

前半はスコアレスで折り返します。

 

後半はYS横浜が徐々に勢いを盛り返していきますが、北九州は懸命なディフェンスでゴールを許しません。

 

61分、左サイドからのクロスをダヴィ選手がダイビングヘッドでゴールを揺らしますがオフサイド判定でノーゴールに。

 

65分のYS横浜の攻撃。

右サイドからのクロスをクリアするも、中途半端なクリアに。そのボールをYS横浜MF吉田選手が強烈なシュートを打ちますが、GK高橋選手がナイスセーブ!

 

その後は北九州が攻勢に出て再三YSゴールを脅かしますが、1点が遠くそのまま試合終了。

 

リベンジを狙った試合は、スコアレスドローで終えました。

引き分けという結果でしたが、結果以上の内容だったと思います。

ボールを奪うという強い意識、シンプルな組み立て、シュートで終える意識が前よりかなり強くなってると思います。

 

 

これで3戦負けなし。

かなり苦しんだ前半戦でしたが、柱谷監督就任後の3試合は後半戦に繋がる試合が出来ていると思います。

 

サマーブレイクへと入るわけですが、選手たちは更に練度を上げてくるでしょう。後半戦の逆襲に期待しましょう!

 

21:00 上野着

 

試合後、自分は上野で一泊。

試合後の一人飲み。

 

こういう昔ながらの風景も見れたり・・・。

 

観光編はまた後編で。

三ツ沢でお会いした皆様、PVでアツい声援を送って下さった皆様ありがとうございました!

今節の一言「突き進め!北九州!」

≫ 続きを読む

2018/07/26    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第16節・vsガイナーレ鳥取

 

 

 

こんにちは!原田です。

さて、6月は本当に色んな事がありました。森下監督の解任。そして柱谷哲二監督の就任。

柱谷監督が就任してわずか数日後の福島戦は2-2のドロー。何かが変わりつつある中で迎えたこの日。

 

 

 

天気はあいにくの雨。

さらに激しい雷雨により試合開始時刻が一時間半遅れての19:30キックオフ。

ですが、悪い流れをこの雨が洗い流してくれると信じて。

『闘将』柱谷哲二監督のホーム初采配です!

 

今節の試合の相手はガイナーレ鳥取。

昨季はスイープを決めてますが、今季はフェルナンジーニョ選手、レオナルド選手の活躍もあり好調のチームです。

では、試合を振り返りましょう。

 

立ち上がり、8分の鳥取の攻撃。

左サイドからパスを繋ぎ、最後は鳥取MF山本選手がスライディングでシュートを打つも、GK高橋選手ががっちりとセーブ。

 

するとペースは徐々に北九州へ。

33分、サイドチェンジから右サイドのMF安藤選手が柔らかいクロスボールを上げ、そのボールをFWダヴィ選手が合わせますが上手くミートせず枠の外へ。

その数秒後、ダヴィ選手がチェイシングを仕掛けボールを奪うと最後はFW池元選手がシュート。その際にボールが相手に当たりリフレクションしたボールがそのままゴールネットを揺らし先制!池元選手は待望の今季初ゴールとなりました!

 

 

さらに41分、今シーズン初スタメンとなったMF川島選手が鳥取GK北野選手の動きを見てのロングシュートは僅かに枠の上。

前半は1点リードで折り返します。

 

後半に入っても流れは我らが北九州。

58分、ハーフラインからダヴィ選手のスルーパスは安藤選手へ、ペナルティエリアへ侵入し、池元選手にパス。そのボールをダイレクトシュート。GKの足に当たりながらもゴールを揺らします!池元選手はこの試合2ゴール目!

 

 

北九州の猛攻は止まることを知りません!

62分には安藤選手が前線でボールを奪うと、ダヴィ選手へパス。そのボールをダヴィ選手が思い切りシュートを打ちますが惜しくもクロスバーを叩きます。

 

そしてこの試合一番の名場面は後半アディショナル、試合終了間近でした。

ダヴィ選手が右サイドでボールをキープし川島選手へ。さらに川島選手のノールックパスが途中交代で入ったFW佐藤選手へ。DF2人とGKに囲まれるも巧みにかわし左足を振り抜きゴール!

宮崎・日章学園から加入したルーキー・佐藤選手はこれがJ初ゴール!

颯爽と現れ、駆け抜け、ゴールを揺らしたイエロータイフーン。期待のルーキーがミクスタを弾けさせた瞬間でした!

 

 

このまま3-0で試合終了。

ついに・・・ついに・・・待望のホーム初勝利を掴みました!

 

 

 

フォーメーションは4-4-2というシンプルなスタイルながらも、前線からのアグレッシブなチェイシングと果敢なチャレンジ。攻守両面でメリハリがついているシンプルなトータルフットボール。以前とは全く違う別のチームになったと思います。

スタメン発表時のムービーで柱谷監督が言っていた「引き分けでなく、勝つんだ」という勝利への強い気持ちを体現してくれたと思います!

 

そしてみんなが待ちに待った勝利のジャンプ!

 

 

その後は池元選手とキャプテン・川上選手がゴール裏へ。その中で、川上選手が感極まり涙ぐむ場面も・・・。

 

 

 

移籍1年目ながらもキャプテンという重責を担い、なかなか結果が出ない中でとてつもない重圧と闘っていたであろう若きキャプテン。

これからも共に、背番号4が率いる北九州を全力で支えていきたいと思います!

 

さあ、次の試合はもう明後日!『バトルオブ九州』鹿児島ユナイテッドFC戦です!

今節お会いした皆様ありがとうございました!

 

今節の一言「これが北九州だ!!」

≫ 続きを読む

2018/07/05    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第14節・vsY.S.C.C.横浜

 

 

 

どうも、原田です!

梅雨空が続きますがこの日もミクスタは晴れ!

毎度思うのですが、このスタジアムはどんな状況であれ晴れを呼び込む凄い場所です。

 

 

さて、この日は2018年最初のミクスタナイター!

ナイターということもあり、ギラギラ酒場がオープン!

いろんなお酒もあり、自分も試合前はあまり飲まないのですが、釣られて飲んでしまいました(笑)

 

この日は試合前、サポーター有志の方が『サポユニforsmile』へ寄付するユニフォームを集める活動を行っておりました。

沢山のユニフォーム・コンフィットTシャツが集まり、この日だけで実に51枚集まったとのこと。

 

 

また同様の活動をされるかも知れないということで、その際はNERDSのTwitterでも告知のご協力をさせていただきます!

 

 

今節の相手はY.S.C.C.横浜。

『Yokohama Soccer&Culture Club』、略してY.S.C.C.です。昨年の対戦成績は1勝1敗でした。

 

では、試合を振り返ります。

12分。北九州は右サイドから繋ぎ、最後は村松選手がシュートを打つも相手DFに当たって枠の外へ。

17分、YS横浜は速攻からチャンスメイクをするも、最後は山岸選手が前に飛び出してセーブ。

 

迎えた35分。北九州のCK。

ゴール前での混戦の中で、最後はダヴィ選手がヘッドで押し込み先制!

北九州が久しぶりの先制点を挙げます。ダヴィ選手は今季2点目のゴールとなりました!

 

 

しかし、前半のアディショナルタイムにYS横浜のCK、一度は跳ね返すも再度クロスを入れられて、混戦の中、YS横浜MF奥田選手のシュートがDFに当たってリフレクションしたボールがそのままゴールに吸い込まれ同点に追いつかれます。

前半は同点で折り返します。

 

後半開始早々、北九州は右サイドから持ち上がってのクロスは跳ね返されますが、そのボールを藤原選手が強烈なシュートを打ちますがYS横浜・GK浅沼選手が弾きゴールならず。

 

53分、YS横浜のFK。

後藤選手の無回転シュートを山岸選手が弾いたボールをYS横浜FW北脇選手に押し込まれ逆転を許します。

 

66分、YS横浜の攻撃。

中央突破を許すと、最後はまたしても北脇選手に右隅に叩き込まれ追加点を許します。

 

しかし、北九州も負けじと80分、右サイドからのクロスをフリーになっていた村松選手がヘッドで合わせてゴールを揺らし1点を返します!!村松選手の今季初ゴールは移籍後初ゴール、実に5年ぶりのゴールとなりました!

 

 

その後も追い上げを見せるものの、追い上げ届かず試合終了。

2-3で悔しい惜敗となりました。

 

 

今まで点を取れずに敗戦という事が続く中で、この2得点は苦しい状況を打破する突破口になると思います。

 

その翌日、森下監督の解任がリリースされました。短い時間ではありましたが、北九州で采配を取って下さりありがとうございました。

 

悪い流れが続いていますが、我々はクラブの後押しを続けていきます。

苦しい時こそ、声援を送り続けていきましょう。そして、次こそ勝利の喜びを分かち合いましょう!

 

次の試合はアウェイで福島ユナイテッドFC戦です!次こそ勝利を!

今節お会いした皆様ありがとうございました!

 

今節の一言「可能性は、人を熱くする」

≫ 続きを読む

2018/06/21    公式戦    kitakyunerds   |   

ギラサポ見聞録「J3第12節・vsカターレ富山(後編)」

 

 

 

こんにちは、舟津です!

富山遠征の振り返り、後編となります。

 

7:00~10:00 氷見~羽咋編
13:00~15:30 京都編
16:00~23:30 帰路編

 

7:00~10:00 氷見~羽咋編

 

前夜しこたま飲んだのにあんまり残ってない!それどころか何だか気持ち良い目覚め!

そんな我々が向かった先は氷見の魚市場食堂。

岡は旬のアジ刺身定食、私は氷見浜丼(黒鯛・アジ・スルメイカ)をチョイス。

捌いたばかりのお魚は非常に身が締まっていて、あっという間に完食。美味しゅうございました!

氷見と言えば寒ブリのイメージでしたが、それぞれに旬の魚介類で賑わっているという氷見港。

個人的にはブリが大好物なので、旬な冬の時期にもう一度訪れたいものです。

 

 

 

新鮮なお魚で最高のスタートを切ったところで、石川県の羽咋に向かい、千里浜なぎさドライブウェイへ。

私は3年前の金沢遠征以来の来訪となりましたが、天候にも恵まれ、撮る写真がもれなくフォトジェニックに。

車で走れる砂浜は日本広しと言えどここだけ。

初夏に入る前のこの時期は風も涼しくて本当にオススメです!北陸遠征の際はぜひ。

 

 

 

13:00~15:30 京都編

 

北陸で心の洗濯を済ませたところで、北陸道~名神経由で京都へ。

下鴨神社白峯神宮で、それぞれ必勝祈願をして来ました。

スポーツの守護神と言われる白峯神宮ではタオルマフラーを奉納。

境内を良く見渡すと、鹿児島ユナイテッドのタオルマフラーもありました!

今シーズン鹿児島が好調な要因はこれだったのかも・・・?

 

 

 

帰り際、四条大橋近くの『珈琲ナカタニ』に立ち寄り、遅めの昼食を。

舞妓さんも食べやすいように一口サイズで切り分けられた玉子サンドに舌鼓。

カリッと焼けたトーストと優しい味付けの玉子サラダが絶妙なバランス。

昔から京都の人々に愛されるのも頷ける逸品でした。

 

 

 

16:00~23:30 帰路編

 

想い出沢山、忘れ物は勝ち点だけ・・・それでも、切り替えた心。家路を急ぎます。

帰りは岡が通しで頑張ってくれたので、私は助手席でゆったり出来ました。

 

 

 

 

 

「サンキュー岡、サンキューな!!」

 

 

何だかんだで日付変わるギリギリの帰着となりましたが、心地良い疲れが残ったような気がします。

ギラヴァンツが好きだから出来ること、やれること、発見することが本当に多く、尚且つまだまだ増えつつあるなと実感した今回の遠征でもありました。次回の遠征が今から楽しみです!

 

また、「自走でも一緒に遠征に行きたい!」というそこのあなた!お待ちしております!

人数が増えると1人頭の遠征費が安くつくので、頭数が増えると非常にありがたいです・・・(笑)

 

最後になりましたが、今回お会いした方々、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました!

 

Twitter『#ギラサポ見聞録』で検索!

≫ 続きを読む

2018/06/07    公式戦    kitakyunerds   |   

ギラサポ見聞録「J3第12節・vsカターレ富山(前編)」

 

 

 

こんにちは、舟津です!

週末は富山まで遠征して来ました!

今回も・・・そう、自走です!副代表の岡と共に行って参りました。

 

19:30~9:30 往路編
10:00~15:00 試合編
18:00~22:00 富山ナイト編

 

19:30~9:30 往路編

 

 

出発してしばらくして、まだ夕飯を済ませていないことに気づき、岡の提案で山陽小野田市の『ドライブインみちしお』へ。

私自身、前々から行きたいなーと思っていたのですが、着いてみれば貝汁のドデカい看板がお出迎え。

名物と言われる貝汁は期待を裏切らない美味しさ。こんなに貝のエキスがたっぷり沁みた貝汁は初めて食べたかも・・・。

 

 

夜の帳の中、順調に東へ東へ・・・。

 

 

 

 

 

 

10:00~15:00 試合編

 

福岡を出発してから約14時間、遂に富山に到着!

眠気覚ましも兼ねて、地元の銭湯へ。しっかり身を清めたところで、戦いの舞台・富山県総合運動公園陸上競技場へいざ出陣!

 

 

 

戦いの前に、どうしても我慢出来ず・・・(笑)

 

 

夏を思わせる陽気の中で行われた15位・富山との一戦。

順位的にも直近な相手、そして何より昨シーズンまで北九州に所属していた弓崎恭平選手が富山の左SBとしてスタメン出場。負けられない戦いです。

 

試合は序盤から北九州ペース。

アウェー長野戦(4/1)以来のスタメン出場となったMF茂選手が積極果敢に右サイドでボールを受け、流れを生み出します。

23分にはMF加藤選手の縦パスから平井選手・ダヴィ選手のコンビネーションで完璧に富山守備陣を崩し、ダヴィ選手が左足で流し込んで待望の先制ゴール!・・・と思われましたが惜しくもオフサイドの判定。

その直後の26分。不用意な守備から与えた左CKを、富山MF差波選手が直接ゴールに叩き込み、先制を許します。

上手くピンポイントに巻きながら落ちたスーパーゴールだったとはいえ、結果的に序盤から良い流れで迎えたビッグチャンスを逃した後の、一瞬のミスが繋がった格好。本当に痛い失点でした。

 

ただ、その後も時折自陣内にボールを運ばれるものの、富山ゴールに積極的に向かう姿勢は崩さず、前半は1-0で折り返します。

 

後半に入ってもビハインドの気配を感じさせず、攻撃に圧力をかけ続ける北九州。

ダヴィ選手、茂選手、そして交代出場の前田選手にそれぞれ決定機が訪れますが、富山守備陣の堅守に阻まれ、ゴールを奪うには至りません。

 

しかし、74分に富山MF新井選手に角度が無いところから上手くゴール左隅に流し込まれて再び失点。終了間際の88分にも、左サイドを攻め上がった富山MF才藤選手のアーリークロスから、交代出場の富山MF佐々木選手に頭で合わされ、3失点目。

 

3-0、そして遂に最下位転落。

結果だけを見れば完敗ですが、これまでの試合と比較して、相手より優勢を保つ時間帯が増えているのはポジティブな要素かも知れません。

ただ、それぞれ絶好の決定機を逸した直後に失点を重ねているのが非常に勿体無いと感じました。

浮上のきっかけを掴めそうで掴めない。非常にもどかしい戦いが続きますが、しっかりと前を向いて、これからも北九州を背負って戦う選手たちを応援し続けます。

 

それでも、後半の茂選手と弓崎選手のマッチアップは非常に見応えがあり、胸に迫るものがありました。

昨シーズン終盤はスタメンを勝ち取った弓崎選手。あの頃以上に、どことなく精悍な顔つきになったような気がしました。

遠賀が産んだ若武者の、富山での活躍に期待です!

 

 

18:00~22:00 富山ナイト編

 

この悔しさと悲しさを流し込むには、やっぱり酒しか・・・!

そう感じた我々は富山駅近くの居酒屋『漁火』へ。

待っていたのは、最高の酒と魚でした!

これで勝ち点3さえ取れてたら、もっと気持ち良くなれて記憶が飛ぶぐらいに飲んでたんだろうなぁ・・・。

 

 

 

 

〆は富山ブラック。

色の割にあっさり、されど魚介がしっかりと主張してくる味わい深いラーメンでした。

〆には本当にピッタリ!

 

 

敗戦の辛さ、そして道中の疲れをしっかり流し込んで良い気分になった後は、ホテルに着くや否や爆睡。

翌日以降も続いたギラサポ見聞録。

続きは明日の後編で!

≫ 続きを読む

2018/06/06    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第11節・vsガンバ大阪U-23

 

 

 

どうも、原田です!

 

この日もミクスタは晴れ!

先週までは悪天候でしたが、試合が近づくたびに天候も回復。 やはりミクスタは晴れスタです!

 

 

試合の前に、マッチデースポンサー・明治安田生命様の企画『血管年齢検査』にメンバー一同で参加。 結果は・・・。

 

今節の相手は、ガンバ大阪U-23。 昨季は1勝1分と勝ち越しています。

何よりも、監督は日本代表でもプレーした宮本恒靖さんがチームを率いています。

 

それでは試合を振り返りましょう。

前半開始してすぐに北九州がカウンターからチャンスメイク。平井選手がカットインしてからのパスを前田選手が合わせますが僅かに外。

攻撃のリズムを作りますが、こう着状態が続く中で、迎えた30分。サイドからの突破を許すと、泉澤選手がそのまま持ち込んでのシュートが決まり先制点を許してしまいます。

 

その後すぐの32分の北九州の攻撃、早いリスタートから野口選手がGKをかわしてのパスを前田選手がシュートしますがDFがブロック、さらにそのこぼれ球を井上選手が押し込みにかかりますがまたもブロックされゴールならず。

前半は1点ビハインドで折り返します。

 

62分、ガンバの攻撃。 泉澤選手がワンツーで抜け出すと、パスで山岸選手をかわして最後は妹尾選手に決められ追加点を許します。

これがきっかけとなったのか、流れは一気にガンバに傾きます。

 

69分、右サイドからクロスを上げられると高木選手のシュートは一旦は山岸選手が止めますが、押し込まれ3点目を許してしまいます。

87分には、クリアボールを白井選手に拾われるとそのまま切り込まれてのミドルシュートが決まり4点目を許します。

北九州も終了間際に、井上選手のクロスをフェホ選手が合わせますが、ゴールならず。

そのまま試合終了。0-4で敗戦となりました。

 

本当に悔しい結果となりました。

前半はいい感じに攻める事が出来ていたのですがが、先取点を奪われてから一転、リズムが一気に狂ってしまったような気がしました。

後半も同じように失点から一気にリズムを崩し、ズルズルと悪い方向に行ってしまったと思います。

悪い流れに呑まれている状況ではありますが、チームが前を向けれるように声援を送り続けます!

 

 

次の試合はアウェイの富山戦。 もう一度、前を向いて、挑んでいきましょう!

 

今節の一言「本当の敵は、諦めだ」

≫ 続きを読む

2018/05/26    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第10節・vsセレッソ大阪U-23

 

 

 

こんにちは、舟津です!

GW最終日となった5/6(日)、大阪まで自走で遠征して来ました!

 

0:00~9:00 往路編
9:30~16:00 試合編
16:30~2:30 復路編

 

0:00~9:00 往路編

 

私事で恐縮ですが、丁度車を買い替えてから初めての自走遠征。

前日にしっっっかりと洗車をして、準備万端!

 

 

日付が変わるぐらいに同乗するメンバーを迎えに行き、福岡を出発。

 

 

 

出発まで出来るだけ寝溜めした甲斐もあってか、順調に山陽道を東へ東へ。

 

 

ただ、やはり体内時計は正直なもので、空が白んで来た辺りから眠気が襲い始め、途中30分程仮眠した後に、ちょっと神戸へ寄り道。

 

まず最初の目的地は弓弦羽神社。昨年も訪れましたが、日本サッカー協会のシンボルである八咫烏が祀られている、まさに『サッカーの神社』です。

「とにかく勝って帰りたい!」その一心で今年も訪れました。

しっかりと必勝祈願を済ませると、途端に鳴り響くお腹の音!

 

「そう言えば昨日の夕方から何も食べてない・・・」

 

キンチョウスタジアムでの声出しに備えて、朝はしっっっかり!という事で、近場で朝早く早くから営業していた『栄食堂』へ。

まさに『町の定食屋さん』という佇まいで、朝早くから常連のお客さんで賑わっておりました。

 

今日は絶対勝つぞ!という事で、メインにとんかつをチョイス。

サイドに大根のお肉の煮物(じゃがいもの代わりに大根が入った肉じゃがなイメージ)、豚汁、締めに卵かけごはんというセットリスト。

ボリュームはもちろん、一品一品がとても味わい深く、本当に最高の朝ごはんでした。

気さくなおばちゃんの接客もGOOD!近所にあったら絶対通うこと間違い無しです。

 

 

9:30~16:00 試合編

お腹も心も満たされたところで、いざ長居へ!

神戸の都心を縫うように走る阪神高速を快調に走ります。

 

福岡から出発して9時間、キンチョウスタジアムに到着。

長居公園では陸上大会や肉フェスが開催されており、早い時間から賑わいを見せていました。

 

昨年はお隣のヤンマースタジアム長居での開催だっただけに、キンチョウスタジアムのコンパクトさにどことなく落ち着いたというのが正直なところです(笑)

ミクスタよりもピッチとの距離は離れてはいますが、それでも球技専用だけに選手との距離はやはり近く感じ、非常に観戦しやすいスタジアムだなと感じました。

 

さて、試合を振り返ります。

前節の秋田戦から、MF加藤選手・村松選手・安藤選手・FW前田選手、そしてGK山岸選手がスタメンに復帰。

 

今シーズン非常に好調のC大阪U-23。

DFながら前線に幾度となく顔を出す沖野選手を中心に、左サイドからピッチを広く使う攻撃を効果的に繰り出します。

 

ですが、我々北九州もここまで総得点数こそ少ないものの、ダヴィ選手を中心とした攻撃に徐々に厚みが出て来ており、C大阪守備陣を翻弄するシーンも多く演出。

右SHで先発出場が続くMF内藤選手が右サイドを抉り、その折り返しを受けたMF村松選手のヘディングシュートが惜しくもクロスバーを叩く等、前半は北九州ペースで推移。

 

しかし32分、内藤選手がGK山岸選手へ出したバックパスをC大阪MF魚里選手に奪われてしまい、カバーリングが間に合わずに落ち着いてゴールネットに叩き込まれ、先制を許します。

終始優勢にゲームを進めていただけに、非常に勿体無い失点となりました。

 

後半に入っても北九州ペースは変わらないものの、C大阪の堅牢な守備をなかなか崩す事が出来ません。

 

北九州はDF野口選手、MF川上選手、そしてFWフェホ選手を立て続けにピッチに投入。

野口選手は開幕戦となった第2節、キャプテン・川上選手は第7節以来の出場となり、試合に飢えている感が積極的なプレーからもひしひしと伝わって来ました。

 

そして、迎えた83分。

川上選手からのFKがフェホ選手に引きつけられるように伸び、ヘディングで放たれたシュートは力強くゴール左隅にネットイン!第7節以来、久々の得点にアウェーゴール裏は大盛り上がり!

まさに『合わせるだけ』な、フェホ選手の高さを活かした完璧なヘディングシュート。得点を決めた後にフェホ選手がゴール裏に向かって力強く鼓舞してくれたのも、たまらなく嬉しかったです。

 

ですが、まだ追い付いただけ。

残された約10分、懸命に逆転を目指して攻め立てますが、あと1点が遠く1-1のドロー。

 

前半のミスからの失点が最後まで響いた格好とはなりますが、久々に勝点を加えた形となった事は救いと言えるでしょう。そして、90分を通じて自分たちのペースで優位に進めて来てはいるので、これからの巻き返しに期待は十分に出来ます。

 

あと少し。あと一歩。

その一歩を進められるように、私たちも継続して力強く声援を送って行きたいと思います。

 

また、今回初めてホームゲームで寄付を頂きました『to the next stage』の黄旗を遠方サポーターの方々におすそ分けする事が出来ました!

選手入場時に旗を振って頂くようにお願いもさせて頂きましたが、多くの方が旗を振って頂き、非常に嬉しかったです。本当にありがとうございます!

 

 

そして、今回の企画にご協力頂いた方々、そして併せて黄旗を提供して下さったクラブの方々にも、改めて御礼を申し上げます。私たちが赴くアウェー会場で引き続きこの活動は行いますので、その際はまたよろしくお願い致します!

 

16:30~2:30 復路編

 

帰り道は明石に立ち寄り、『玉子焼』、俗に言う明石焼に舌鼓。

お出汁が非常に上品な味で、薬味である三つ葉との相性も抜群。永遠に食べられるんじゃないかと思うぐらいでした。

 

 

 

 

 

帰りはほぼほぼ岡がハンドル握ってくれたので、私はしばし後部座席で仮眠。

道中、スコールと見紛う程の豪雨に見舞われましたが、ちょうど日付が変わるタイミングで九州に帰還。

メンバーを送り届け、自宅到着は午後2時半。お疲れ様でした!

 

 

うーん、大人しく月曜休みにしとけば良かった・・・(笑)

とはいえ、次の遠征が早くも楽しみな私がいます!

 

今回お会いした皆様、ありがとうございました!

≫ 続きを読む

2018/05/10    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第8節・vsザスパクサツ群馬

 

 

 

どうも、原田です!

 

ミクスタは晴れ!

そしてこの日は、中学生のサッカー大会決勝が行われ前座の試合でしたが、白熱の試合を見せてくれました!

 

 

 

もう一つ、マッチデースポンサーの東筑軒のかしわめし早食い対決もありまして、試合前からアツいミクスタでした。

そして、金曜日にクラブからリリースがあったように、札幌と京都でプレーしたフェホ選手が加入しました。活躍に期待です!

 

 

 

今回の相手はザスパクサツ群馬。かつて北九州でプレーした市川選手、風間選手、星原選手が所属しているチームです。

 

それでは試合を振り返ります。

この試合は90分を通してかなり拮抗した試合となりました。

 

16分、北九州の攻撃。

右サイドからのクロスをFW前田選手がボレーで合わせますが枠の外。

 

25分も北九州は右サイドからのクロスをFWダヴィ選手が左足で合わせますが、相手GK真正面でゴールにはなりません。

 

31分の群馬の攻撃。

サイドチェンジから群馬MF小林選手がカットインからのシュートを打ちますが、GK高橋選手がセーブします。

 

その後、膠着状態が続き前半はスコアレスに終わります。

 

後半早々に試合が動きます。

46分、群馬は不完全なクリアからボールを奪われ右サイドからのクロスを岡田選手がボレーを決めて群馬に先制点を許してしまいます。

 

その後は、両者の激しい攻防が続く中での74分、左サイドの裏を取ったダヴィ選手のパスを途中出場のフェホ選手が合わせますが僅かに枠の外。

 

絶好機を活かすことが出来ず、その後も膠着状態が続き試合終了。

0-1で悔しい敗戦となりました。

 

ホームでなかなか勝てません・・・。

試合内容は良くなっているように見えます。しかし、結果がついて来ないという歯がゆさは否めません。

 

ですが、我々以上に選手たちが悔しい想いで一杯のはず。

次の試合に向けての奮起に期待しましょう。

 

 

また、前回のホーム・相模原戦に引き続き、この日も『to the next stage』の小旗の寄付を呼び掛けさせて頂きました。

 

おかげさまでたくさんの寄付を頂きました。

ご協力頂いた方々、本当にありがとうございます!

 

GW3連戦、次はあきぎんスタジアムでブラウブリッツ秋田戦!次こそ勝利を!

 

今日の一言「一念発起」

≫ 続きを読む

2018/05/03    公式戦    kitakyunerds   |   

J3第6節・vsSC相模原

 

 

 

どうも、原田です!

 

今週は暖かく、そして肌寒い日が続いたりと寒暖の差が激しい一週間でしたが、ミクスタは晴れ!

ミクスタは、やはり晴れスタです!

 

 

 

なによりも、4/6(金)にダヴィ選手が加入!待望の背番号9に期待が高まります!

 

 

今節の相手はSC相模原。

昨季の対戦成績は1勝1分のドローです。

 

では、試合を振り返ります。

試合は最初、均衡状態が続きますが、24分の相模原のFK。クロスボールをジョン・ガブリエル選手が競り勝ったボールを保崎選手が押し込みますが枠の外。

 

その4分後の28分。

相模原の谷澤選手にサイドを突破され、最後はやや角度が無いところから放ったシュートが鋭くドライブの回転がかかりそのままゴール。先制点を許してしまいます。

 

37分の北九州の攻撃。

サイドからのボールをダヴィ選手が持つとそのままペナルティーエリアへ。シュートを放ちますがGKに弾かれます。

 

その後は両者拮抗する試合運びとなり前半は1点ビハインドで折り返します。

 

52分、北九州の攻撃。

右サイドからのクロスは相手にクリアされますが、そのクリアボールを花井選手がボレーシュート。しかし枠の僅かに左へ逸れます。

 

64分、相模原のCK。

一旦はクリアしますが、再度クロスを入れられると梅井選手にヘッドで合わされ追加点を許します。

 

72分にはジョン・ガブリエル選手のスルーパスを浦田選手が一旦はボールを持ちますが足に合わず、そこを谷澤選手にダイレクトで叩き込まれ3失点目を喫してしまいます。

 

85分、北九州も反撃。

左サイドからのクロスをダヴィ選手が合わせますが、相手DFのブロックに逢いゴールとはなりません。

 

87分、相模原のFKから早いリスタートでパスをつなぎクロス。クロスボールをジョン・ガブリエル選手にヘッドで決められ4失点目。

 

そして、試合終了。

0-4。とても悔しい結果となりました。

 

1失点後の失点は防ぐことが出来たと思います。相模原のアグレッシブな攻撃と守備に遅れを取ってしまい、さらに失点という形でその傷を広げてしまったようにも見えました。

 

5戦を終えて1勝3敗1分。

負け越してはいますが、チームの奮起を期待しましょう。まだまだここからです!

 

次の試合はアウェイ、夢の島にてFC東京U-23戦です!次こそ勝ちましょう!

 

最後になりましたが、アウェーにしか来られない方々へのおすそ分けとしまして、『to the next stage』の小旗の寄付を呼び掛けさせて頂いたところ、52本もの寄付を頂きました!

ご協力頂いた方々、本当にありがとうございます!

4/29(日)のホーム群馬戦でも試合後に寄付を受け付けますので、よろしくお願い致します!

 

 

今日の一言「まだ、負けたわけじゃない!」

≫ 続きを読む

2018/04/12    公式戦    kitakyunerds   |