MENU

活動ブログ

キタキューナーズの活動を記して参ります。

J2第40節・町田戦

 

 

 

長崎戦からわずか中2日で迎えた昨日の町田戦。
勝ち点37で3チームが並ぶ大混戦の残留争いの中で求められるのは、勝利のみ。その勝利を信じて、選手バスの入り待ちから多くのサポーターの方々が集まってくれました。

 

 

 

試合前には『ありがとう!本城』企画として行われたバックヤードツアーに参加。
普段は入れないピッチに入れただけでなく、選手入場体験やロッカールームの見学等、今シーズンでギラヴァンツのホームグラウンドとしての役目を終える本城を余すところなく見学することが出来ました。

こうして本城のありとあらゆる光景をまじまじと見つめると、様々な想い出が浮かんで来て感慨もひとしおでした。

 

 

 

 

 

さて試合は、町田の猛攻に屈して1-3で惨敗。

再び降格圏内に転落してしまいましたが、まだ何も終わってません。

可能性がある限り、選手達を最後まで信じて、悔いのないように今一度全力で応援しましょう!

 

 

 

泣いても笑っても最後となる本城での水戸戦で、再び一丸となって必ずや勝利を。

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/11/07    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第39節・長崎戦

 

 

 

残り4戦、1つ1つが大事な試合。
未だかつて勝利を挙げた事の無い長崎で貴重な勝ち点を得るべく、多くのサポーターが駆け付けました。

 

 

 

強固な長崎の守備の前になかなか攻撃の糸口を掴めず苦しい試合となりましたが、選手・サポーター共に諦めずに勝利だけを信じて闘い抜きました。
残念ながらスコアレスドロー、勝ち点1に終わったものの、試合後の選手達の表情からは悔しさが滲みながらも、捲土重来を期するものを感じ、まだまだ我々サポーターも頑張らないといけないと強く感じた次第です。

 

町田戦では残留を大きく近づける勝利を挙げるべく、再び一丸となってさらなる後押しを。

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/11/03    公式戦    kitakyunerds   |   

Giravanz Supporter Meeting vol.01 -GSM01-

 

 

 

岐阜戦を翌日に控えた10月29日、『Giravanz Supporter Meeting vol.01 -GSM01-』を開催致しました。

週末のお忙しい時間帯にも関わらず、ほぼ会場定員の20数名のサポーターの方々にお集まり頂きました。

 

ミーティングではKITAKYU NERDSの設立経緯等を説明させて頂いた後、トークゲストの南博氏(北九州市立大学教授・北九州スタジアム愛好家)・浅野翔太郎氏(毎日新聞小倉報道部記者・元ULTRAS WASEDA代表)のトークセッションへ。

南氏からは北九州スタジアムを活用した街づくりへの展望、そして浅野氏からは早稲田大学在学時にサポーター団体を立ち上げた際のお話や、サポーターと地域やスタジアムの盛り上がりの関係性について熱く語って頂きました。

 

 

 

 

 

お集まり頂いたサポーターの方々からも、今季のJ2残留へ向けて、そして新スタジアムへ向けての様々な意見や提言が寄せられ、非常に有意義な時間となったのではないかと思います。

早くも第2回開催への要望も多数頂きましたので、またぜひこうした形でサポーターズミーティングを開催出来ればと思います。

 

最後になりましたが、本ミーティングに際して事前準備等でご尽力して下さった方々、そしてお集まり頂いたサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/11/01    イベント    kitakyunerds   |   

J2第38節・岐阜戦

 

 

 

昨日の岐阜との一戦は、まさに残留を争う『裏天王山』とも呼べる戦いの様相を帯び、この一戦を前に様々な想いで本城に足を運んだ方々も多くいらっしゃったと思います。

 

選手バスの入り待ちでは多くのサポーターの方々が駆け付けて下さり、戦いを前にした選手達に向けて熱いメッセージを伝えて下さいました。
選手・スタッフ、そしてサポーター。「絶対に勝つ」と言う想いを改めて共有出来た時間となれたように思います。
突然の呼びかけにも関わらず、駆け付けて頂いたサポーターの方々には本当に感謝です。来週の町田戦でも引き続きやりますので、また駆け付けて頂ければ幸いです!

 

 

 

その想いが通じたのか、試合は2-1で見事に我らが北九州が勝利し、岐阜を交わして最下位を脱出。20位の金沢に勝点差『1』に迫る貴重な勝利となりました。
非常にタフな試合展開となりましたが、選手達は良く走り、そして戦ってくれたと思います。

 

試合中にはギラヴァンツユースの子ども達が応援に参加してくれ、若さ溢れる声援でチームの後押しを頑張ってくれました。その若さに押しに押されて、我々もいつも以上に応援が熱く、そして楽しくやれたように思います。

みんなと笑顔で勝利の喜びを分かち合えて本当に良かったです。一緒に応援してくれて本当にありがとう!また来てね!

 

 

 

 

 

残り4試合、本城ではあと2試合。

まだまだ厳しい状況には変わりませんが、この試合で得たエネルギーを活かして連勝でシーズンを終えられるように頑張りましょう!

 

 

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/10/31    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第37節・清水戦

 

 

 

日曜は清水に飛び、IAIスタジアム日本平に乗り込んで来ました。

 

いわゆるJリーグの『オリジナル10』としてJ1に君臨し続けた名門クラブを相手に、気持ちも高ぶってスタジアムへ。
スタジアムの形状もどことなく完成後の北九州スタジアムにそっくりな感じがして、そう言った意味でも非常に高いモチベーションで応援する事が出来ました。

 

圧倒的な戦力と技術を誇る清水相手に残念ながら勝利を挙げる事は出来ませんでしたが、後半は北九州の選手達も気持ちのこもったプレーを見せてくれ、ゴールに迫るシーンも多くあとわずかなところまで清水を追い詰める見せ場も作り、確実来週の岐阜戦に繋がるゲームをしてくれたと思います。
再び最下位転落とはなりましたが、まだ何も終わってません。来週こそは勝利を挙げられるように、また全力で応援して行きましょう!

 

日本平の雰囲気は、応援の迫力も去る事ながら、スタジアム内外で思い思いにサッカーライフを楽しむ光景がとても印象に残りました。

元々サッカーが身近で盛んな地域と言うのもあるのでしょうが、まさに街が一体になって清水エスパルスと言うクラブを支えているのだろうと。いつかは北九州の街にもこのような光景が溢れる日が来るように、まだまだ頑張らないと行けないなと決意を新たにした次第です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お世話になったサポーターの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/10/25    公式戦    kitakyunerds   |   

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016福岡県リーグ後期Fパート最終戦・筑陽学園C戦&J2第36節・讃岐戦

 

 

 

前回のJユースカップに引き続き、ユースの応援に行って来ました。

 

県リーグ2部昇格をかけた一戦。同時に、3年生にとってはユースでの最後の一戦。
昇格を果たすには勝利しかありませんでしたが、終始優勢にゲームを進めるもカウンターに屈して惜しくも0-1で敗北。

 

残念ながら2部昇格はなりませんでしたが、下を向く事無くしっかりと前を見据えて挨拶に来てくれたのが印象に残りました。神戸戦もそうでしたが、応援していて我々の方が元気をもらえたような気がします。
サッカーを続ける子、また違う道に進む子もいるでしょうが、少しでもこの北九州でサッカーに汗を流した事が先々の人生で糧になってくれればと思います。

 

そして、この悔しさは2年生・1年生の後輩達が果たしてくれることでしょう。

北九州でサッカーをしてくれて本当にありがとう。ユースっ子のみんなの未来に幸あれ!

 

 

 

 

 

そしてバタバタと本城に向かい、残留を争う讃岐との一戦。
勝ち点5差で上に位置する讃岐相手には絶対に負けられないシチュエーションで迎えた一戦となりましたが、原選手のハットトリックで痛快な勝利を挙げました!

 

ホームでは7/3の東京V戦以来となる待ちに待った勝利に本城は最高潮。原選手の暖かいメッセージも胸を熱くさせるものでした。

 

 

 

来週は清水に乗り込み、これまた久々の連勝を挙げられるように全力で応援して来ます。

 

今回お世話になったサポーターの方々、そしてユースカップでご挨拶させて頂いたユースの保護者の方々、そしてスタッフの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/10/17    公式戦    kitakyunerds   |   

J2第35節・東京V戦&Jユースカップ・神戸戦

 

 

 

8日から9日にかけて、東京から神戸に遠征して来ました。

 

まずは8日、東京ヴェルディ戦。
関東での試合が今シーズン最後と言う事もあってか、かなり多くの在京サポーターの方々が駆け付けて下さっていました。

 

今シーズンも残すところあと8試合。J2残留の為には負けられない闘いでしたが、結果は1-1のドロー。
開始早々に時間帯に先制し、流れに乗るかと思ったものの、守りを意識し過ぎたのか、半ば引き気味になったところを突かれた形に。

 

21位の金沢とは勝ち点3差となりましたが、もはや他を気にせずに貪欲に勝ち点を取って行く事。それに尽きるような気がします。

 

 

 

 

 

翌日は神戸に飛び、Jユースカップのヴィッセル神戸戦へ。
それまでなかなかユースの応援がなかなか出来ていなかった事もあり、簡単ではありますが選手の名前を呼んだりして応援をさせて頂きました。

 

彼らもまた、トップチームの選手達と同様に北九州を代表して闘ってくれている事に変わりは無く、試合は優勝を狙う神戸に4-0と圧倒された形とはなりましたが、戦力差をカバーしようとひたむきなプレーを連続して見せてくれた辺りは、正直かなり胸に来るものがありました。

 

3年生の子ども達はこれから様々な進路に向かって行く事かと思いますが、過去を振り返った時に少しでも『北九州でサッカーをやって良かった』と思ってもらえるように、北九州でプレーしてくれる事を選んでくれた子ども達の応援も積極的に行わないといけないなと改めて感じました。

 

 

 

 

 

次回の試合は福岡県リーグ後期の最終戦(日程は後日クラブ公式HPにて発表)になるそうで、お時間のある方は是非応援に駆け付けて頂ければと思います。

 

今回の遠征でお世話になったサポーターの方々、そしてユースカップでご挨拶させて頂いたユースのスタッフの方々、本当にありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/10/10    公式戦    kitakyunerds   |   

リンク